無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

ひなこのーと最終回上映イベントに行ってきました!!

Category : 声優ライブ・イベント
 本日は「ひなこのーと最終回上映イベント」に行ってきました。

 まずは物販で「ラジオひととせ」のラジオCDを購入。特典CDが付いてきました。



 会場内にあったまゆちゃんパネル。
千秋の隣りだとより小さく見えますね。ルリちゃんと同じぐらいの小ささでした。



※以下、レポートです。
ところどころ見間違いや聞き違いがあるかも知れませんがご容赦を。
また、唯ちゃんのところだけしか控えていない箇所もあります。


 入場時にアンケートを渡され、
・最終回を見ての感想
・最終回で一番かわいかったところ

を記入。

 ここで観ようと思ってまだ最終回を観ていない人もいたろうに、観た前提ですか(^^;)

 開演時間になり、暗転すると本日のキャストによる影ナレが流れ出しました。
真雪の「今日は私服を着てるから」のセリフに「おおっ!!」と沸き起こる歓声。


【最終回上映】

 先に最終回を上映。
前日に慌てて最終回を流し見してきたのでかわいかったところはベッタベタな「まゆちゃんがチョコを作ってたところ」にしましたが、つり革に手が届かなくてつま先立ちしているところや、上級生に絡まれておどおどしているところなど他にもかわいいところがたくさんありましたね。


 上映が終わると本日の司会進行役・KADOKAWAの間野さんが登場。
続いてキャストが登場。左からM・A・Oさん、富田美憂さん、小倉唯さん、東城日沙子さん、高野麻里佳さん、吉田有里さんの並び。
唯ちゃんはもちろん“私服”のメイド服姿で、他のキャストはジャージ姿でした。

小倉「みなさん、ひととせは~!
 柊真雪役の小倉唯です。
 今日は久々に私服なので、しばらくジャージで息苦しかったんですけど、今日は心を解放して楽しみたいと思います」

 キャスト全員が揃うのはAnimeJapanの時以来。
自己紹介が済んだところでキャスト着席。AJの時スカートのボリュームのせいで上手く座れず椅子からずり落ちてしまった唯ちゃんは注意深く座ろうとします。

 ぽーんと軽く弾みをつけて座ってた感じかな。
その時の動きがフランス人形を座らせたみたいな感じで、とてもかわいらしかったです。ちょうど「ガラスの仮面」でマヤちゃんがお人形さん役を演じている時みたいな感じでしたね。その後も何となく気持ちが悪いのか、もぞもぞと座り直したり、スカートをいじったりしていました。

 続いて最終回を観てのキャスト感想。

吉田「最終話ということで、果たしてルリ子の出番はあるのだろうかとドキドキしていましたが、最後の劇場でしれっと出てきて、それからみんなの輪に入れて、劇団ひととせの一員になれたんだなとうれしくなりました。
 EDを観てもらったら分かると思うんですけど、また旅に出てたので、そうしてこれからも脚本を書いたり、仕事を見つけたりしていくんだろうなと思いました」

高野「最後の最後でゆあが千秋先輩に思いを伝えられたのが良かったです。
 千秋先輩は鈍感なのかなと思っていたら、ゆあが抱いている特別な感情にずっと気づいてたんですよ」

東城「うん、気づいてたよ」

高野「だからずっと恥ずかしいことをしてきてたんだなぁと。
 でも自分の気持ちを口に出来て、思いを伝えたのに関わらず千秋先輩からは(舞台の)チケットをもらえなかったという。
 私は気にしてないんですが、この後は何らかの形で誘ってもらいたいなと思いますね」

東城「それはチョコをもらった後に『喫茶ひととせにおいで』って言ってるのでそれで…(ごにょごにょ)。
 もうゆあもひととせ荘に来たら良いんだよ~!
 一人暮らししちゃいなよ~!」

 新キャラ出すよりはゆあがひととせ荘に乗り込んで来た方が良かったかもね。

東城「最終話は、最後はどうなるんだろう?と思っていたんですけど、よりいつもの『ひなこのーと』でした。
 放送をリアルタイムで観てたんですが、すずらんという特別な目標を再確認しながらも日常に戻っていくという、これからに繋がる話になっていました。
 それからEDが最終回だけ違うのがめっちゃ良いなって思いました。
 とても楽しかったです」

小倉「最終話ではまゆちゃんが呪いみたいに、呪文みたいに『あきちゃん、あきちゃん』と唱えながらバレンタインチョコを作っていたのですが、このシーンでは息が続くところまでやって下さいというディレクションがありました。
 作中では演劇だけじゃないところも描かれていて、あきちゃんとゆあちゃんが良い感じになっていて、ん~、まゆは…みたいな」

 東城さん、慌て出す。

小倉「(あきちゃんが)みんなにやさしいところに素直に嫉妬する反面、やさしさは罪だなとも思いました。
 分かってはいるんだけど」

高野「言うて、ゆあはその他諸々と同じ扱いですからね!?
 でもまゆちゃんにだけは他の人よりも少し深入りしている気がする」

小倉「付き合いが長いですからね。
 二人だけの空間が出来上がってるんです(本妻は私よ!みたいなドヤ顔)」

 ゆあちゃんに「その他諸々と同じ扱い」と言わせてしまったのが何ともかわいそうで(^^;)
千秋先輩はもう少しゆあちゃんに優しくしてあげても良いと思います。

 ちなみに最終回のアフレコはまさにバレンタインデーに行われたそうで、キャストにはその時期にしか売ってないという、有名どころのチョコが差し入れられたようです。

間野「昨年の7月からアフレコが始まって2月に終わって、4月にオンエアして7月に終わって。
 一年ぐるりと巡って、まさに“ひととせ”といった感じですね」

富田「何かトライアングル(真雪→千秋←ゆあ)が出来上がってましたけど、くいなだってひなちゃんとイチャイチャしてましたからね!
 まぁ、それはさておき」

M・A・O「おくのー?おくのー??」

富田「ひなこのーとはかわいいだけじゃなくて、人間的に成長していくところも描かれていました。
 みんなが前に進んでいく姿が見られて感慨深い気持ちになりました。
 それから最終回でも相変わらずくいなは食べていましたね」

M・A・O「最後にみんなでひとつの目標であるすずらんを見に行けてうれしかったです。
 ゆあちゃんのツンデレっぷりがんもぅ!かわいいなぁ~♡
 ひなこのーとはかわいい要素が詰まってて最初から最後まで一日の癒やしです ねっ!!!」

 他にもオタク的なことを言ってたけど、オタクみたいな早口だったので控え切れなかったですw


【アンケート紹介】

★最終回を見ての感想

 しょうたさん
いつもの日常を送りながらも目標を再確認し、それに向かって前進していく姿に勇気づけられた。5人の行く末をこれからも見届けていきたい。

 みやきさん
最終話はバレンタイン回で最後までかわいく、またEDがいつもと違っていて、そんな制作会社のサービス精神がとってもとってもうれしかったです。

 最終話だけ後日談EDになっていたことに加えて、アイキャッチ(エンディングカード)についても触れられました。

高野「アイキャッチはくいな率が高かったよね。圧倒的くいなみたいな」

富田「それを見ていつも目ん玉飛び出してました。
 くいなが多かったのは、スタッフさんにくいなの作画が得意な人がいらっしゃったんでしょうかね」

間野「意外と脱がせやすいのかも。
 意外とメイド服とかは脱がせにくいと思う」

小倉「犯罪だからですか??

間野「…いや、エプロンとかスカートとか色々あって複雑だから…」

小倉「そっかそっか!失礼しました!
 発言に気をつけます

 アイキャッチというかエンディングカードはものすごいフェティシズム感じるアングル・描き方でしたね。個人的にはくいなが誰かに口を開けられているのと、ルリ子の跪いて足をお舐めと言わんばかりなのが印象に残っています。何かやたら気合い入ってましたよね、エンディングカード。

 紅の空さん
キャラがかわいくて最後まで楽しめた。
原作に出てきているが、アニメにはまだ出てきていないキャラクターもいるので、是非2期をやってほしい。

間野「原作はまだ続いていますし、これからもかわいいを作って行きたいですね」

 2期があったらうれしいけど、ひなこのストーカーの子がいまいち好きになれないので、それだけがちょっとなぁ…という気持ち。

 せどおまさん
一緒に住んでいないとは言え、ゆあも劇団のメンバーなのにお芝居に誘ってあげないのはかわいそうです。

高野「私もそう思います!!
 でも後で『行きたかったな~』と言う場面もあったので千秋先輩には感謝ですね」

東城「感謝して!」

小倉「かわいさの引き出し上手!(あきちゃん)」

★最終回で一番かわいかったところ

 けんさん
大家さんのメイド服姿がかわいかったです。

間野「作中で一番好きな服は何ですか?」

東城「一番か~、難しいですね。
 アイキャッチのピーターパンのかな。
 衣装も良いし、配役もぴったりだったので」

 うぇっくさん
駅を一周してグルメいっぱい買い占めて笑顔のくーちゃんがかわいかった。

富田「私、個人的にかわいい女の子がごはん頬張ってる姿が好きなんですよ」

 隣りでうんうん頷く唯ちゃん。

高野「富田さんも大食いだったりするんですか?」

富田「いや、私は食わず嫌いが多くて、すごい偏食なんですよ」

 その後お祭りの屋台では何が好き?みたいな話になったんだったかな。かちわりが好きだと話す富田さん。

小倉「かちわりって何?」

富田「シロップと氷と水が金魚が入ってる…」

小倉「金魚!?!?」

富田「氷・水・シロップが金魚すくいの袋みたいなのに入ってるやつです」

 へー、ICEBOXみたいなのかな?と思ってたらちょっと違ってました。

富田「甘すぎるものは苦手です」

小倉「ラジオでは毎回お菓子が出てるけど(平気なの?)」

富田「高い物はおいしい…w」

高野「17歳でそういうこと言っちゃダメ!!」

 しかおさん
全部。

 「それな!!」みたいな感じで終わっていきました。


【告知】

★6/12~6/30 TVアニメ『ひなこのーと』×スイーツパラダイスコラボ開催中
 @スイーツパラダイスケーキショップ ヨドバシAkiba店




★7/21~7/30 ひなこのーと×キュアメイドカフェ「喫茶ひととせ 秋葉原出張店」開催
 @キュアメイドカフェ(ジーストア・アキバ6F)

★7/24~8/20 ひなこのーとコラボメニュー&オフィシャルコラボルーム
 @秋葉原パセラ昭和通り館


 スイパラコラボにはひととせ荘のメンバー4人のメニュー&グッズしかなく、高野さん&吉田さんが「おかしいなぁ??」って顔をしていました。

 キュアメイドカフェでは「くいな盛り」なるボリューム満点のメニューがあるそうなので、くーちゃんファンはチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 パセラメニューの「真雪のコーヒーフロート」に乗っている生クリームは真雪の私服のヘッドセットをイメージしたものだそう。

小倉「アイデア力が半端ないですね。
 さすがコラボ慣れしていらっしゃる」

 またパセラおなじみのハニトーもあり、上に乗っかっているひなこも食べられるそうです。こちらは何人かで行って食べることをおすすめします。

★7/26 ラジオCD「ひなこのーと ラジオひととせ」Vol.1発売
 (今回のイベントで先行販売)



★原作情報



★Blu-ray&DVD情報



★イベント情報
 10/8(日) 一ツ橋ホールにて開催

 Blu-ray&DVD情報の際にひなことくいなのキャラソンが少し流れました。
ひなこのキャラソンは「とにかくかわいく、カラフルボールやシャボン玉が飛んでいるようなイメージで歌った」、また、くいなのキャラソンは「赤ずきんなど昔話にちなんだフレーズが出てくるので何の作品かを当てるゲームをしてみてほしいです」とのこと。


【劇団ひととせ “桃太郎”公演への道!】

 このコーナーが始まるやいなや、顔を手でパタパタ仰ぎ出す唯ちゃん。

 講師の佐野バビ市先生を招き入れます。

佐野「こんにちのーと!
 ラジオの出演者告知に私の名前がなかったからもう呼ばれないのかと思ってたわよ!!」

 強烈な容姿&キャラなのに何故かいつも忘れられがちな佐野さん。

佐野「ひなこのーとは結構世間で認知されてるのよ。
 私この間スーパーに買い物しに行ったら5、6歳ぐらいの女の子がかかしポーズをしていて、お母さんに『アンタ何してるの?』と訊かれて『きんちょうしてかかしになってるの』って言っていたの!
 深夜に何観せてるのよ!」

 ひなこ幼少期を演じた子役さんだったりしてw

佐野「まりんかは(桃太郎公演への道)初めて?」

高野「AJの時以来ですね」

佐野「まりんかなんてかわいいあだ名で呼ばれちゃってね。
 まりんかはかわいすぎるから“まりんげ”にさせてもらうわよ」

高野「毛が生えてるみたい…」

 まりんげはちょっとかわいそうでしょw

★劇団ひととせ ドラマレッスン

お題1:あなたが主役の舞台・映画・ドラマが出来ました。どんなドラマ?


M・A・O:パイレーツ
富田:イケパラの逆みたいな
小倉:お医者さん(聴診器と体温計のイラスト)


小倉「最近お医者さんに憧れていて。
 お医者さんになりたいんです。
 あっ!声優をやめるわけじゃないですよ?
 ちゃんと声優も続けるんですけど。
 何か本当になるみたいになっちゃった。
 お医者さんにはならないんですけど。
 1対1で患者さんのために尽くせるのって良いじゃないですか」

佐野「何科?」

小倉「科?内科とか?分かんないですけど」

佐野「みんな内科チャンスよ!」

吉田「それヤバくないですか?
 だって唯ちゃんが『お口開けて下さい』とか言ってくれるんでしょ??

\おおおおおお!?!?/

 佐野さんに言ってみてと振られ、渋々やることになった唯ちゃん。吉田さんの方を若干恨めしそうにチラッと見た後、

小倉「はい。じゃあお口開けて下さ~い

\は~~~い♡♡♡/\………♡♡♡/(口を開けている)

 あああ~♡♡♡
こんなの恥ずかしすぎて心拍数が大変なことになってしまううううう!!!
(吉田さん&佐野さんありがとう)

東城:海外ドラマ 通販的な
高野:サスペンス
吉田:倍返しだ!!会社ドラマ


お題2:主役に立ちはだかる困難。どんな困難?

M・A・O:船酔いが酷い
富田:三股してたのがバレた やべ~
小倉:変な患者さんしか来ない
   働いている人も変
   とにかく変(つんく)


佐野「当たってるじゃない(我々を指しながら)」

\あははははははw/

佐野「アンタよく見たらこれ“つんく”になってるじゃない!」

小倉「またやっちゃった~(あちゃ~)」

 前の特番で(つんく)が拾えなくて悔しがっていた佐野さん。今回はバッチリ拾ってきました。

東城:からあげにレモンをかける派・かけない派でバトル

佐野「日沙子さんはどっち派なの?」

東城「私はポン酢派です」

 どっちでもなかった!!

高野:くさい

 オタクのことか??と思ったわw
「モンスターを狩るとき臭いと消臭剤をふらないといけない」(モンハンの消臭玉のこと?)と説明していて、それにうんうん頷くM・A・Oさん。あなたもゲーマーなのw

吉田:私以外みんな変な声

 くじ引きでお題と配役を決めます。

お題1 どんなドラマ?:パイレーツ
お題2 困難:三股してるのがバレた やべ~
配役:桃太郎、犬、猿、キジ、鬼親分、鬼子分


 配役は伏せられ、最後に観客に誰が何役を演じていたのか伝わっていればOK。お題に沿いながら何役か分かるような何かを盛り込んでいかなければいけない技術が要求されます。

 小物を選び中。

佐野「日沙子さん的にはどんな小道具が良いと思う?」

東城「『無難な感じがいいと思う』」

高野「『ま、何がこようとまかせなさい!』」

 3人で戦隊もののようなポージングでビシッと決めてきました。
ようやくキャラ通りのセリフ(フレーズ)が言えましたねw

 お医者さんに憧れる唯ちゃんは白衣を選びました。

佐野「この小道具は特別な小道具だから、ちゃんとお願いしてから使って欲しいな!」

 唯ちゃん、くるっと回って「にゃんにゃん♪」
特番の時は噴き出してしまいましたが、今度は一発で悩殺してきました。スカートも綺麗に舞い上がって…かわいすぎか!!!(佐野さんありがとう)

 唯ちゃん・富田さんはサングラスをかけ、高野さんはマジックハンドを持ち、東城さんは首から金のモールを下げていました。他の二人はどうだったかな。

 小道具を選んだところで「パイレーツ設定 三股バレタ!やべぇ」公演スタート。

 最初にM・A・Oさん、高野さん、吉田さんがいました。
M・A・Oさんがノミをとってあげています。

 その面々が船長を捜し始めると富田さんが「兄貴ぃ!」と呼びに行き、船長の唯ちゃんが「今日は寝てねぇ。その辺泳いでたんだよ」とアリバイを説明しながら登場。

 そこに羽根をバサバサしながら東城さんが出てきて「私、昨日船長の部屋に歯ブラシを忘れて来たと思う」。それに「歯ブラシ?俺歯みがきしねーし」としらばっくれ、「いや、しろよw」と総ツッコミを受ける船長。

 「船長の部屋に歯ブラシ忘れたって…どういうこと??」と船長に詰め寄る吉田さんと高野さん。

 ここで終了。

 観客に何役をしていたかを問います。

 まずはM・A・Oさん。

\猿/

 猿でした。ノミとってましたからね。

 富田さん。

\鬼子分/

 鬼子分。唯ちゃんのことを兄貴と呼んでました。

 唯ちゃん。

\鬼親分/

小倉「鬼親分です。三股はしませんけどね」

 一途ですものね。

 東城さん。

\キジ/

 キジでした。バサバサしてましたもんね。

 高野さん。

\桃太郎/

 桃太郎でした。ちなみにマジックハンドは仲間を増やしていくところを表現したくて選んだのだそう。

 吉田さん。

\犬/

吉田「消去法…(´・ω・`)」

 ちょっと犬要素分からなかったかなw

 一段落ついたところで、7月2日に放送の特番ではいよいよ配役が発表されるとのこと。

佐野「最後にM・A・Oさん!
 あなた今日どこに向かって演技をしていたのか全く分からなかったわ!!
 どこを向いていたの!?」

 吉田さんがひょこっと現れて、

M・A・O&吉田「『あっち向いて こっち向いて どうもアリガト また来週っ!!!!!』」

\あ♪/

 今回はみんなそれぞれお決まりが用意されていましたw


 最後の挨拶。

M・A・O「みなさん今日は本当にありがとうございました。
 こうして1クールみなさんに“かわいい”をお届け出来てうれしかったです。
 桃太郎役はまだ決まってないので開演まで楽しみにしていて下さい。
 原作もまだまだ続いていますし、新キャラも登場していますので引き続き応援して頂ければと思います。
 また10月のイベントでお会いできるのを楽しみにしています。
 ここまで見たら最後まで見届けて下さい!
 今日は最後までありがとうございました!」

全員「ありがとうございました!!」


 唯ちゃんの椅子座り、足ぱたぱた&ぴーん(子どもみたい。かわいい好き)、にゃんにゃん♪などかわいさ爆発で終始ニコニコのイベントでした。

 AJの時には変に唯ちゃんを贔屓しないでくれと思ってたけど、佐野さんがそれぞれの個性を上手く引き出してくれているので、もう誰が何をやるのか全く見えなくなってきましたし、誰が演じても良い感じになりそうな気がしてきました。

 どんな桃太郎劇が完成するのか楽しみに待ちたいと思います。

 以上、レポートでした。


 
拍手する

まとめプラグインv2

08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!