無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」 supported by JOYSOUND 宮城公演に行ってきました!!

Category : 声優ライブ・イベント
 本日は、ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」 supported by JOYSOUND 宮城公演にやって参りました。



 ゆいかおり等身大パネル。

※以下、セトリ・ネタバレを含みます。
また、見間違い・聞き違いがあるかも知れませんがご容赦を。



【ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」宮城公演セットリスト】

01.星降る夜のハッピーリンク
02.Shooting☆Smile
03.PUPPY LOVE!!
04.恋するストール
05.Rainy Day
06.B Ambitious!
07.君のYELL
08.LUCKY DUCKY!!
09.オリオンからのメッセージ
10.もうひとりの私
11.Telephone Call/石原夏織
12.Calling Calling
13.NEO SIGNALIFE
14.Future Skrike/小倉唯
15.駆け抜けてBlue
16.Intro Situation
17.カナリア
18.Promise You!!


<ENCORE>
19.真夏ハプニング
20.君が世界で世界は君で
21.Ring Ring Rainbow!!


 1階CゾーンJ列より鑑賞。やや夏織ちゃんサイド。

 愛知公演で『ウェィカッ!!』だったところが『PUPPY LOVE!!』に。

 『PUPPY LOVE!!』後MC。

ゆ「みなさん、こんばんみのる~!ゆいかおりです」
唯「ゆいかおりの小倉唯です」
夏「ゆいかおりの石原夏織です」
ゆ「ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」supported by JOYSOUND、始まりました~!!」

唯「遂に来ましたね!初めての仙台公演!!
 仙台に来てみてどうだった?きゃりさん」
夏「こんなに寒いのかって思った」
唯「だって雪積もってたもんね!(うれしそう)」

 ここでどこから来たのアンケート。
仙台、東北、それ以外からはるばる来たぜの人で、一番最後が圧倒的多数でした。

夏「今回はツアータイトルがStarlight Linkということで、みんなとリンクして一つになれるようなライブにしていきたいと思うので、最後までついてきて下さいね!」
唯「みんなと素敵な時間を過ごして行けたらと思います。
 会場のアツさで雪を溶かしちゃいましょ~!!」

唯「私、雪に興奮しちゃって~。
 雪遊びしてる写真をInstagramの方に3枚アップしてたんだけど。
 『きゃりさんも雪遊びしよ~!』って言っても『一歩も出ない!』って言って」
夏「久々に寒さで足の感覚失った。
 唯ちゃんがハイになってるとき私はめっちゃローだった。
 唯ちゃんが雪遊びしている動画を観せてもらったんだけど、」
唯「カメラが回ってたんだよね。メイキングの」
夏「すっごい薄着で出て行ってるの!」
唯「リハやってたからリハ着に上着羽織っただけでね。
 しかも肩のところが開いてるTシャツでね」
夏「何でそれにしたの(ちょっとイラッとしてそう)」
唯「何となく選んじゃったの」
夏「でも楽しそうに遊んでる子を見てほっこりしましたよ。
 自分にもそんな時代があったなぁって」
唯「雪合戦とかしたいけど都内ではあんまり雪って見ないじゃない?
 そういうのが見られるのも地方公演の良さだよね」
夏「そうだよ」
唯「今日は最後まで楽しんで行ってもらえたらと思います」

 『恋するストール』、『marble』から変わって『Rainy Day』、『B-Ambitious!』。ぐおー、『marble』が変わったのは痛い…けど『Rainy Day』ちゃんも好きなので許した。

唯「『B-Ambitious!』を聴いて頂きました~!」
夏「この曲は一話限定の曲だったので聴いたことない人もいるかな?
 聴いたことありましたか?」

\聴いたよ~!!/

夏「ゆいかおりにしてはインパクトのある歌詞が組み込まれていてたんですけど、みなさんこの曲は好きですか~??」

\好きーーーーー!!!/

唯「初披露だったですけどみなさんがノリノリで盛り上げって下さったおかげで私たちも楽しく歌えました!
 ツアーのパンフレットにこの『B-Ambitious!』の歌詞が載っているので、合わせてチェックして頂けたらと思います」

唯「ところでどう?
 衣装変わったの気づきました?
 今回衣装がコロコロ変わるんですね。
 この衣装も一瞬だったでしょ?一瞬じゃなかった?」

\う、うん…/

夏「私たちこれ以上はいよいよ魔法を使わないといけないぐらい頑張ったよね!?」
唯「仕方がないよ。
 みんな現実で色々経験してきてるから夢を見られないんだよ」

(爆笑)

唯「でも魔法だからね!?着替えてるの」
夏「魔法使ってるから!じゃあそろそろ(歌)行きます?」

\ええ~~~!!/

唯「ダメだって。きゃりさん何かある?」
夏「えっ…じゃあ…みなさん何食べました?」

\ずんだ/\牛タン/

唯「え~~~?それは出来過ぎじゃない!?」

 えぇ~、本当ですし…(^^;)

夏「私たちまだ食べてないよ!牛タン」
唯「牛タンはまだだけどずんだもちは食べたよ!」
夏「えっ、食べてません」
唯「え~!衣装がずんだ色なのに!?」
夏「本当だ!ずんだもちのキャンペーンガールとかやってそうなのにね」
唯「誰かいませんか!?ずんだもち関係の広報の人~!」
夏「一生懸命宣伝しますよ!」
唯「仙台全然関係ないのに…w
 でもごはんおいしかったよね。ケータリング」

\おいしかったよ~!!/

唯「食べてないでしょ!ウソつけ!」
夏「お魚がおいしかったよね」
唯「アレですか、海があるからじゃないですか?
 群馬にはないけど」
夏「千葉にはあるからな~」
唯「言っても千葉ですからね!?群馬を馬鹿にしたらアカンですよ!」

 歌パートに戻り『君のYELL』『LUCKY DUCKY!!』歌唱後、VTRへ。


【VTR:二人の絆を確かめろ!コンビ愛測定テスト】

★解答マッチングテスト
★相方が作ったのはどっち!?


 愛知公演と同じ。


 VTR明けて『オリオンからのメッセージ』、『もうひとりの私』。ここは固定か。良かった~。確か映像化はされていないと思うので、代々木でも歌って欲しいものです。

 今回ダレないなと感じたのはソロ曲2曲ずつで個別トークというのをソロ1曲ずつにしてバラしたのが一番大きいかも。言い方悪いけどソロパートでのトークが一番ダレる要素になっていたように思うので。


【VTR:二人の絆を確かめろ!コンビ愛測定テスト】

★相方が作ったのはどっち!?
★シンクロタイムトライアル!


 愛知公演と同じ。


 『Future Strike』後MC。
唯「『Future Strike』聴いて頂きました~!」

 唯ちゃん、くるくる回ってカーテンコール。

\FU――――――!!!/

唯「こういう衣装を着るとおしとやかな気分になります。
 さっきまでえぃっ!!とかやってたのにねw
 この曲はライブでは初披露となりましたがいかがでしたか~?
 私のソロってこういう熱く歌い上げる曲調って珍しいじゃないですか。
 下手すると歌って踊るよりも体力使うんですよ。
 いつもと違う私を見て頂けたんじゃないのかなと思います。」

唯「この衣装、お姫さまみたいでしょ?
 MVではお姫さまとコレですよ(パンチ)」

\お~~~!!/\やって~!!!/

唯「覚えてるかな~?左と右どっちが先だったっけ…?」

 正面を向いて、キリッとした表情でワンツー。

\おおおおおお~~~!!/

唯「この曲は初めてOPを担当させて頂いた思い入れのある曲で、ライブを経て成長していける曲だと思うので、より熱を込めて歌っていけるようになっていきたいです」

唯「さて、そろそろきゃりさんを呼び込みたいんだけど、きゃりさんはずっときゃりさんっていうニックネームじゃない?
 だからたまには違う呼び方にしたいんだけど、何が良いと思う?」

 呼び捨ての振りキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

\ずんだ/\夏織/\夏織姫/

唯「じゃあ呼び捨ていってみない?」

\FU―――――――!!!!/

唯「この前実ラジで呼び捨てで呼び合うのをやったんですけど、ここでは存分に呼び捨てで呼んでもらっても良いけど、普段はダメだからね!」
(※参考:ゆいかおりの実♪ #144

 唯ちゃんしか呼んじゃダメなんですね。分かります。
ここ、「私のきゃりさんなんだから勝手に呼び捨てにしないでよね!」と感じられてキュンとしました(*^_^*)

唯「じゃあ夏織を呼びましょうね。せーの!」

\かおりーーーーーーー!!!!!/

 夏織ちゃん、出てきません。

夏「めっちゃ出づらいんだけど。
 いつもと(雰囲気が)全然違う」
唯「あ、やっぱ違う?」
夏「百歩譲っているじゃん?みんなは。
 みんなに言われるのは分かるけど、唯ちゃんに呼ばれると震えが来て~」
唯「かおりーーー!!!(めっちゃかわいい言い方)」
夏「…!!(ゾワゾワッ)
 分かるでしょ!?ゆいーーー!!」
唯「!!(ゾワゾワッ)」

 生呼び捨て最高かよ。
ゾワゾワというかムズムズするのも最初のうちだけだって。まぁ、でも個人的には我々の前では唯ちゃん・きゃりさん呼びで、裏では呼び捨てで呼び合ってて欲しいですね。
 それで時々うっかり外で呼び捨てにしてしまって「ちょっと!」「あっ、ごめん」って言っててほしい。

夏「さて、着替えてきましたよ」
唯「ピカピカですね。どこからやってきたんですか?」
夏「火星からやってきました(適当)」
唯「適当にするにも考えて!?人間なのか、宇宙人なのか…まぁいっか(適当)」

夏「どこからやってきたんですか?」
唯「え~っと…小倉城からやってきました(おしとやか)」
夏「小倉城って日本の城のように感じるんですけど!?
 熊本城みたいな。そんなドレス着た人いないよね!?」
唯「そうかしら(おしとやか)」
夏「小倉の方が強すぎて」
唯「そんなことないわよ~(おしとやか)」

 ゆいゆい星とかグンマー国から来ましたとか適当に言っておけば良いのに、こういうとき唯ちゃんって痛い子になりきれないですよねw
瞬時に言った場合のことを考えちゃうんでしょうね。

 何だこの茶番…となったところで唯ちゃんは衣装チェンジへ。
夏織ちゃんに「唯ちゃんばいばーい」と手を振られ、本当に寂しそうに下がって行きました。

夏「唯ちゃんを見送りました」

\かおりーーーーー!!!/

夏「実ラジやってから夏織って言われるとゾゾゾーッてするんだよね。
 みんなきゃりさんって呼んでくれてたのに何か…」

夏「そう言えば聞きたいんですけど、もしかしてセンター試験受けてから来たよって人いる?」

(何人か挙手してたっぽい)

夏「お疲れ様です!
 私センター試験を受けたことがないんですけど大変だよね。
 手を挙げてた人は昨日も受けたんでしょ?
 終わってから来てくれるのは良いんだけど。
 じゃあこのライブのために頑張ってきたよって人はいるの?」

\はーい!!/

 そりゃそうですよねぇ。拍手が起こります。

夏「忘れられないセンター試験になるね」

 良い思い出になることを祈ってます。

夏「そろそろゆい姫の着替えが終わった頃だと思うので、せっかくなので唯って呼んでみましょうか。せーの」

\ゆいーーーーーーー!!!!!/

唯「は~い」

 唯ちゃん、ステージセット上段より登場。

唯「何か不思議な感じ。
 私いつも『唯ちゃ~ん』(呼び)が多いのよ」

 喋りながら階段を下りてくる途中でヨロッとなったところを、ナイト・夏織が直接体に触れてはないのだけど、いつでも支えられるようにしていたところが良かったです(*^_^*)

唯「私はちゃん付けの方が好きかな」
夏「私もきゃりさんの方が好きかな」
唯「私たちの間ではサプライズとしてちょいちょい言ってみたいと思います」

 分かっています。ふたりのトクベツを奪うようなことはしませんよ(^_-)

唯「きゃりさんは最近ある?ハマってることとか」
夏「私は料理とかしてみてるよ」
唯「え~っ!!初耳だよ!」
夏「ヤバくない??」
唯「どういう風の吹き回し?」
夏「お家にいるとおなかが空くのね。
 でもお昼一人のことが多いから。
 家族は仕事に行ってるし、自分も夕方から仕事があったりで、それでやることないし、おなか空いてるし。
 作ってみるかってなって」
唯「聞きましたみなさん!?
 あのきゃりさんがですよ!?」

\得意料理は?/

夏「得意とかなくない?」
唯「待って、得意料理以前にきゃりさんが作ろうと思ったこと自体がまず奇跡なの!!
 で、きゃりさん何作ったの?」
夏「炒め物を作ったり、この間は一人サムギョプサルしたよ」
唯「サムギョプサルってお肉の?」
夏「お肉焼いて葉っぱで巻くやつ」
唯「きゃりさんお肉焼けたの!?ガス使ったの!?
 すごい!良かったね、火事にならなくて!」
夏「にんにくも切ったんです」
唯「きゃりさん包丁使ったの~!?
 人は成長するんですね。すごいよ」

 いくら何でも夏織ちゃんのことを馬鹿にしすぎなのでは…?と思ったけど、ぷらTWOぅでの包丁さばきや自作の卵焼きのことを思い浮かべると、まぁこんなレベルなのかも知れないと思いました(酷い)。

夏「唯ちゃんは?」

\ちくわ/

唯「ちくわ…?」

 あっ、この反応はもうブームが去っていますねw

夏「アニゲーの収録の時に好きなものを訊かれるじゃない?
 私それでチーズケーキと答えたら『小倉さんはちくわだったんですよ~』って言われて、いやっ!聞いたことないしっ!てなってた」
唯「あれ?言ってなかったっけ?
 私の中ではブームが来てたんだけど。
 やっぱりどんどん発信していかないとね」

唯「最近はポテチが好きですね。
 一度自分がどれだけポテチを食べ続けられるか挑戦してみたい。
 …何でみんな苦笑してるの?」
夏「ネットで女の子がたまご(?)食べてる動画があってかわいかったから、そういうのやってみると良いんじゃない?」
唯「私前にわんこそばを食べてる動画をインスタにアップしたら再生回数がすごいことになっててビックリしたんだけど!」
参考1参考2
 これとスタッフさんの犬にお手させようとしてたやつは無限に観ましたね。

唯「ポテチだったら永遠に食べ続けられると思うので、またそういう企画をやってみたいです。
 その時は助っ人にもえあずちゃんを呼ぼうw」
夏「あ~!」
唯「友達だからね」

 ゆいかおり VS もえあずちゃんとかやってみたらどうでしょう。
束になっても敵わないだろうからさらにハンデをもらってw

 歌パートに戻り、アンコール前の俊龍ラッシュ。
このツアーからかな?『カナリア』の「ずっとずっと一緒に行こう」のところで「ずっとずっと」から微笑み合いながら手を重ねるようになったのが良いですね。それまでの真正面を向きながら相方を信じ切って手を差し出すところも好きでしたけども。
『Promise You!!』では間奏ゆびきりがしっかり見える位置で最高でした。

 アンコール明けて『真夏ハプニング』後MC。

唯「アンコールありがとうございました~!
 こんなに寒いのに真夏ってねw」
夏「雪降ってるのにね」
唯「真雪ハプニングだ!替え歌で歌いたい気分」
夏「ここでは真夏ということで。
 アンコールだよ~。唯ちゃん、どうでした?」
唯「今回セトリを工夫したので、これまで参加してきた人でもこんな感じなんだ~と思ってもらえると思う」

 仙台初めての人、常連の人とアンケートを採り。

夏「女の子はいる~?」

(後ろで水を飲んでいた唯ちゃん、水をこぼす。)

夏「あー!びちょびちょになってる~!!」
唯「どうしよ~?怒られちゃうかな~。
 これぞまさに真夏ハプニングですね…」

 さっきは階段でよろけるし、お水こぼすしで、雪遊びしすぎてお疲れだったのでしょうか。

唯「初めて仙台来たわけだけどどうだった?きゃりさん」
夏「私人生で初仙台だったんですよ」
唯「それにしてはリアクション薄くない?
 私、前にリリイベで来てたのに初めて来たと思って『わぁ~!仙台だ~!!』って喜んでたら『あれ~?唯ちゃん前にも来たことあるよ~』って言われたw
 きゃりさんは仙台着いて第一声が『思ったより寒くない~』だったよね」
夏「駅で京都フェアやってて」
唯「え、京都だったの?」
夏「うん。あれ京都よ。
 それで大阪と似てるし京都だったしで仙台に来た実感が湧かなかった。
 雪だーとは思ったけど若干冬眠モードに入ってたからね」
唯「この後仙台を感じる余裕が出てくるんじゃない?」
夏「牛タンが出てきたら感じられるかも知れない」
唯「牛タンおいしいよね~」
夏「食べたいな~。初仙台楽しかったな~。
 みなさんのリアクションからも楽しんでもらえてるんだなというのを感じます。
 仙台、味わってます」
唯「たどたどしい…w」
夏「聞かなかったことにして。唯ちゃんはどうだった?」

唯「仙台でライブするのは初めてだったじゃない?
 でもステージに出てみて、受け入れ態勢が整ってるなって感じた。
 あと会場が丸みを帯びてるじゃない?
 みんなに包み込まれているような。
 みんなから来るパワーがすごくてそれに負けじとやっているうちに、どんどん上がっていくようなライブに出来たと思います。
 仙台の魅力度が今私の中で急激にアップしてきてます。
 みんな大したもんだよ~!
 今まで移動して、イベントして、帰ってって感じだったけど雪とも戯れられたし仙台最高~!!って感じ。
 また来られたら良いなと思います」

夏「有名なところとかへも行ってみたいしね。
 どこが有名なの?」

(オタク、口々に言うが伝わらず。)

唯「もうちょっとゆっくり出来たらね」
夏「うん」
唯「また来られたら良いね」

 歌パートに戻ってラスト2曲。
『Ring Ring Rainbow!!』では唯ちゃんがステージの階段に上って夏織ちゃんの後ろに回り込んで驚かせるいたずらをします。夏織ちゃん、素で驚いていて「えっ!?」という声がマイクに乗ってましたw
ちょうど「変わらないキズナ」の前辺りでやっていたので名古屋でも同じようなことをしていたのかも知れないです。

 名古屋で告白し合っていた「いつもありがとう」「大好き 伝えたい」のところではハイタッチ。最後はいつもならふたりで虹を作って終わりのところをこのツアーでは星形を作って終わっています。


 今回のツアーはセトリを見直し、セットの簡素化によって移動時間や衣装チェンジの時間を短縮するなど工夫しているだけあって無駄な時間がなく、本当にあっという間に感じます。公演によって映像が変わらなくても楽しい気持ちが持続出来ているので気になりません。

 さて、宮城公演では唯ちゃんが雪遊びをしていたのが子供みたいでかわいらしかったし、テンションが高めになっていたのでMCに切れ味があって良かったですね。特に夏織ちゃんが料理を始めたことをいじるあたり。
 唯ちゃんはテンションが上がってくるとカワウソみたいに手が付けられなくなってくるところが面白いです。

 次は夏織ちゃんにとって第二のホームと言っても過言ではない大阪公演。大阪での夏織ちゃんMCは私の中で定評があるので夏織ちゃんオタクは絶対に来ましょう。

 以上、宮城公演レポートでした。



 『星降る夜のハッピーリンク』の時に降ってきたもの。

 
拍手する

まとめプラグインv2

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!