無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

「咲-Saki-」16巻 & 「怜-Toki-」1巻

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 

 「咲-Saki-」16巻と「怜-Toki-」1巻を読みました。
「咲-Saki-」は小林先生版・怜竜、「怜-Toki-」は怜が表紙と眼福ですねぇ(*^_^*)

 「咲-Saki-」の方はおもちも穿いてないカットも増量されていてどんどん凄いことになっていってますね。でもいやらしくない不思議。
ViVidのコミックスなんかは似たようなキャラが続々と出てきて誰がどんな子かさっぱり分からなくなってきて買うのをやめちゃったんですけど、「咲-Saki-」は新しい子が出てきてもスッと覚えられるのがすごいですね。一人一人しっかりと描き分けられているからでしょうね。

 さて、ストーリーの方はシリアスな話に新たな展開があったり、咲が照と出くわしたところで終わったりと続きが気になる終わり方でした。派生作品のシナリオを手掛けながら本編もダレない小林先生ナニモンだよ。体調を崩さないように頑張って下さいね。

 「怜-Toki-」の方も「お互いにとって大事な存在にならない」という約束の下、友達ごっこが始まるわけですが、次第に「なくてはならない存在」へと変わってきているところがすばらです。
 何があって怜があんなに病弱になってしまったのかや、今のように離れられない存在になっていったのか、これから明らかになっていくのが楽しみです。

 以前にも書きましたが、ゆいかおりオタクはこの2作を買うようにしましょう。特に「怜-Toki-」。
4コマの「咲日和」でさえOADを作ってもらっていたので、反響が大きければ「怜-Toki-」も作ってもらえると思います。それがさらに売れればアニメ化もあり得ます。そしたらアキバ何たらという作品みたく1話だけED担当とかケチくさいことを言わず、OP&EDを担当させてもらえる可能性だってあります。ゆいかおりの明日のためにもポチりましょう。

 余談ですが現在PS Vita『咲-Saki-全国編Plus』がお安くなっております。
私は麻雀のルールがなかなか覚えられなくて買えていませんでしたが、せっかくVitaを買ったのにほったらかしで勿体ないし、これを機に買ってみようかしらと思います。まだ持ってない方は是非。


 
拍手する

まとめプラグインv2

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!