無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

小倉唯1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」群馬公演に行ってきました!!

Category : 声優ライブ・イベント
 本日はツアー千秋楽・小倉唯1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」群馬公演にやって参りました。

※以下、レポートです。
若干見間違い・聞き間違いがあるかも知れませんがご容赦を。


【小倉唯1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」群馬公演 セットリスト】

01. Happy Strawberry
02. パンドラ♡ショコラ
03. Tinkling Smile
04. おねがいBe with you
05. thx!!
06. Raise
07. Get over
08. TO BE ALIVE
09. ライアーシープ
10. ガーリッシュエイジ
11. PON de Fighting!
12. いつだってCall Me!(summer time ver.)
13. Sing-a-ling-a-Harmony
14. Search Light(桜庭らいとソロver. 「城下町のダンデライオン」キャラソン)
15. Honey♥Come!!
16. ハイタッチ☆メモリー


<ENCORE>
17. Baby Sweet Berry Love
18. FUN FUN MERRY JAM

【映像】
★オープニング
★ 伊豆ロケ
・アザラシコーナーでゆいちゃんが○○される!?
・ゆいちゃんの合図でイルカの群れがあんな事を…
・ゆいちゃん初体験!手作りキャンドルに挑戦!!!
・ゲームコーナー(すいか割り、人数当てクイズ、テーブルクロス引き、早口ことば、絵当てクイズ)

【告知】
★ゆいかおりニューシングル「Promise You!!」好評発売中
★10月より放送のTVアニメ「ViVid Strike!」に出演決定
★TVアニメ「ViVid Strike!」のオープニング主題歌を担当

【その他】
★Happy Birthday to You



 1階12列中央より鑑賞。
十分に段差があり、前の座席と半分ずらしてあるのでとても観やすかったです。

 以下、MC中心で書いていきます。


 『Tinkling Smile』後MC。

唯「改めましてこんばんは。小倉唯です。
 と言うことで、小倉 唯 1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」凱旋公演、群馬公演!
 みなさん盛り上がってますか~?」

\FU―――――――――――!!!!!/

唯「いや~、千秋楽なだけあって熱気がすごいですね~!
 今日は素敵な夏の思い出を、ここにいるみーんなで作り上げて行きましょ~!」

唯「いや~、遂に帰ってきましたよ。
 私が生まれたこの群馬県でのソロライブ。
 みなさん本当にありがとうございます」

 こういう凱旋公演って、\おかえり!!/って言ってあげるものだと思っていたのですが、どこからもそういった声は上がってなかったですね。ちょっと寂しい。

唯「ちなみになんですけど、群馬県出身の人!」

(見える範囲では2割弱ぐらいの人が挙手)

唯「こんなにいる?本当に群馬出身の人!」

(ちょっと減る)

唯「やっぱり減ったw 結構いるんだね。ありがとう~!
 じゃあ群馬県じゃないけど唯ちゃんが群馬県出身だから、りょうもう号っていうよく分からない電車に乗って来たぜっていう方!」

(ほとんどの人が挙手)

唯「りょうもう号って知ってる?赤と白の電車なんだけど。
 私も群馬に帰ってくる時によく乗るんだけど。
 あんまり聞かないよね。
 新幹線みたいだけど新幹線じゃないよね」

\特急!!/

唯「特急か!特急と言ってもカッコいいんだよね」

\んん??w あははは…w/(微妙な笑い)

唯「乗ったことのない人のために言うと、新幹線って言ったら言い過ぎだけど、りょうもう号に乗ると感動するよ。
 かわいい顔してるんですよ。
 また群馬に足を運んで頂く際に乗ってもらえたらと思います」


唯「群馬と言えばやっぱ焼きまんじゅうを食べたいですね。
 食べたことのある人!」

\はーーーーーい!!!/(4割ぐらい挙手)

唯「焼きまんじゅうってなんぞや?と言う人のために説明させてもらうと、まんじゅうと言ってもあんこが入っているのとそうでないタイプのがあって、私が好きなのはあんこの入っていない方。
 何に近いんだろう?」

\パン!!/

唯「パンに近くて、大きいのから小さいのまであって、串にギャンッ!!て刺さってて、タレをつけて焼いて、透明のパックにだだだだだーん!!って入れられてるやつです。
 甘塩っぱくておいしいのでまた食べてみて下さい」

 よく分かった話ですことw
甘みのあるふかふかの丸いパンにタレを塗りつけて焼いたものですね。個人的にはパンはおいしいけど別にタレは要らなくね??って感じ(群馬県民にシバかれる)。




唯「私実はこの会場に立ったことがあるんです。
 昔習い事でピアノやバレエをしていて、バレエで2回ぐらいステージに立ったことがあって、ピアノの演奏会もここで発表したりして。
 …何弾いたんだろう。今はあんまり弾けない…」

\えええええ~~~!!/

唯「が、頑張れば何とかなると思う。
 きっといつかネタが尽きたらあるでしょう」

 おお?いつか唯ちゃんの弾き語りが観られるかも??

唯「最近群馬に結構来る機会があって。
 トークショーに、1日警察署長をさせてもらったり。
 ちょうど近くに桐生警察署があるんですよ。
 最近帰って来られてうれしい。
 群馬でライブをするのは初めてで地元の人はもちろん、遠くからわざわざ応援しに来てくれている人もいてうれしいです。
 ツアー千秋楽、今まで以上に盛り上がって行きましょ~!!」


 『ガーリッシュエイジ』ではちょうど私の真正面でバチンッとウィンクをされて心臓が止まりかけました。
その後歌詞が吹っ飛んで噴き出してしまった唯ちゃん。笑いながらもダンスはしっかりやる辺りは流石ですね。それから不意打ちの「ごめんねっ!」に、またやられました。はぁ…好き…♡


 VTR:BBQ後MC。

唯「みなさん、映像を楽しんで頂けましたか~?」

 う、うん。まさか全公演一緒とは思わなかったけどね。

唯「そしてお着替えしてきました~~~(浴衣風衣装)」

\かわいい!!/

唯「ありがとう~!
 今回のツアーは夏がテーマになっているので衣装も夏っぽくなっています。
 これは浴衣風で、1つめのピンクの衣装はセーラー服をイメージしたもので、2つめのキラキラ大人っぽい衣装には胸元にクリスタルが付いています。
 後半もかわいい衣装がありますので楽しみにしていて下さい」


唯「私この間ね、お祭りに行ってきたの。
 大学で仲良しのだん5ちゃんと行ってきました~!

 最初は浴衣を着ていこうって話になってて、私は仕事が入ってたのね。
 でも駆けつけ(仕事場から直)でなら向かえるなと思って。
 私それをすごく楽しみにしていたみたいで。
 もうスケジュールを訊かれる度に全部その日(お祭りの日)に聞こえるぐらいw
 それでスタッフさんが気を遣ってスケジュールを前に詰めてくれたりして。
 私顔に出やすいから相当ショックな顔をしてたんだと思うw

 で、駆けつけでなら行けるけど浴衣はどうしようかなって。
 私は全然良かったんだよ?浴衣を着られるし髪も自分で出来るし。
 でも周りのみんなは1人クリーニングに出しちゃったり、美容室予約しちゃったって子もいて。
 話し合った結果、私服で良いんじゃない?ってことになって。
 私も仕事場で着たらみんなビックリしちゃうからね。私服になった」

唯「で、出店がいっぱいあって」

\何食べたの?/

唯「めっちゃ食べたよ!だん5ちゃんたち食いしん坊なの。
 私も食いしん坊で食べるから。
 今から言うのは1口ずつぐらいしか食べてないからね!
 じゃがバター、揚げ餃子、水飴、フランクフルト、チーズ巻き、ポテト、さつまいも揚げたやつ、から揚げ、かき氷…これ以上にあったと思うけどそれくらい食べました。
 少しの間ですが満喫出来ました」

 5人とはいえ、思いの外たくさん食べててビックリしましたw


 『いつだってCall Me!(summer time ver.)』では、いつもなら浮き輪がボリューミーなスカートで留まっていたのに、唯ちゃんがはしゃぎすぎたためスカートをもすり抜けて行って足下にストンと落ちてしまうという真夏ハプニング。
「やばい抜けない!!」と焦る唯ちゃん。ダンサーさんが頑張って浮き輪を引き抜いて次に進めました。

 何がビックリしたって、唯ちゃんの細さよな。
いくらデカい浮き輪といっても一般的な成人女性だったら腰なりお尻なりで留まると思うのだけど、それがすっぽ抜けて行くんだもんな。どんだけ細いのよ。

唯「『いつだってCall Me!(summer time ver.)』を聞いてもらいました~。
 幕張公演ではトロッコでみんなの近くまで行かせてもらったんだけど、ホール公演では夏らしい小道具を取り入れてみました~。
 みなさんいかがでしたか?

 さっきね、浮き輪が抜けなくなっちゃって。
 あの浮き輪は私が入れるぐらい大きいんだけど、いつもならスカートのボリュームがあるから留まるのね。
 でも千秋楽ではしゃいで水をかける小芝居をめっちゃ『えいっ!えいっ!』ってしてたら落ちちゃったw
 それでまたいで行ったんですけど、何とかなって良かったです」

唯「それと『PON de Fighting!』良かったよ~!
 初日から揃ってたけど千秋楽の方がやっぱ揃ってた!
 何回か来てくれている人がいるのかな。
 全通したよっていう人!」

\はーーーーーい!!/(パラパラ挙手)

唯「みんなと踊る振り付けを今回初めて取り入れてみたんだけど、またやれたらと思います」

 また新しいお遊戯を教えてね。ゆい先生。


唯「それからとっておきのネタが2つある!
 どっちが良い?」

\どっちもーーー!!!/\両方聞きたい!!/

唯「みんな欲張りさんだな~。でも両方はね~。
 う~ん、ツアーなのでこっちの話から。

 今回初めてのライブツアーだったじゃないですか。
 ソロライブはあったけど地方は初めてで。
 ゆいかおりでは来てたりもしてたんだけど。
 ひとりの雰囲気というものが読めなくて。
 きゃりさんと一緒の時はうるさく移動してたんだけど、今回はテスト期間中ということもあって移動中も黙々と勉強したりしていました。

 で、事件が起きたのは大阪公演の後。
 遠いところが終わって気が抜けたんだろうね。
 その日ホテルに泊まって次の日帰るという予定だったんだけど、ライブが終わってから軽い打ち上げもあって疲れてたんでしょう。
 次の日ドアのノックで目が覚めました。
 ん?ピンポンか。で、それが聞こえて、目覚ましも聞こえてた記憶があるんだけどピンポンで目が覚めて。

 寝坊してても平然を装って「あっ、もう少しかかります」って寝起きの頭で言って、とりあえずパジャマ着替えなきゃってなって。
 脳をフルパワーで動かして次に何をすべきか考えるんだけど、パニックになってその後メガネを5回かけて戻してを繰り返して結局コンタクトを入れて。
 あ、でも前髪は巻きました。前髪命ですから!!
 それでも定時の新幹線に無事乗れたのでセーフでした」

 いつも通りの唯ちゃんですな!


唯「もう一個はこの間きゃりさんとね、誕生日プレゼント何が欲しい?って話をしてて。
 私ももうすぐなんだけど。
 で、撮影の終わりに遊びに行こうってことになって、カフェに入って、一緒に買いに行ってお互いが欲しいプレゼントを買った方が手っ取り早いねって話になって。
 何買ったと思う?」

 パワーストーンとか言ってるオタクが多かった気がします。
私も\指輪!!/って叫んでみたけど声が小さくて届かなかったみたい(^^;)

唯「面白いですよ。何とまた指輪を買いましたw」

\FU―――――――――!!!!!!/

 よっしゃ~~~!!!!だってピンキーリング欲しいって言ってたもん。

唯「前ゆいかおりでリリースイベントをした時にもお互いにプレゼントし合ったのね。
 キングレコードからの資金で。
 お互いに内緒で買ってきてねって言われてて、それでお互い何となく欲しいものが分かったんだろうね(白々しく)。
 でもその後それじゃいけないねってね。
 今回は自分のお金で買いました~!
 婚約指輪じゃないよ??店員さんに変な目で見られたけど」

 ここでオタク特有の勘違いが発動し、私のブログを見られてるんじゃないかって思ってしまいましたw
もう結婚してるから確かに婚約指輪ではないよね。この話は実ラジでもするようなのでお楽しみに。
 

 でもダメだね。自分たちが頑張って働いたお金で買ったものを贈り合うのが良いのではありませんか。人のお金で買ったものだからいつのイベントで贈り合ったのか忘れてしまうんです。

 自分たちのお金で、自分たちの意志できちんとした結婚指輪を買いに行って下さいね。
それで選びに行くときにはきっとまた無意識のうちに恋人繋ぎしてるんですね。知っているんだから。今回は武道館公演成功のご褒美のようですが、こうして節目節目でペアのものが増えて行くと良いですね。


ゆいかおりの実♪ #102


(※参考)
ゆいかおり『Ring Ring Rainbow!!』発売記念&BIRTHDAYイベント<昼の部>に行ってきました!!


 これまで『Charming Do!』や『A Lovely Tea Break』だった枠では、群馬公演だけの曲として、『Sing-a-ling-a-Harmony』が歌われました。ダブアン曲だと思っていたのですが、ここに持ってくるとは。


 『Baby Sweet Berry Love』後MC。

※ここからは唯ちゃんが早口だったため全ては控え切れていません。
出来るだけ本人の言い回しの通りにこう言ってたんじゃなかったかなと思いながら書いて行きます。ちょっと間違えてるかも。

唯「アンコールありがとう。
 熱い声援が聞こえてきてたよ~!
 小倉 唯 1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」千秋楽、無事にここまで辿り着くことが出来ました~!」

 告知を挟んで。
「ViVid Strike!」OP主題歌は現在PVとジャケットの打ち合わせ中とのこと。

唯「いよいよここまで来てしまいました。
 小倉 唯 1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」千秋楽、地元群馬での公演、楽しんで頂けましたか~??」

\いええええええい!!!!!/\FU―――――――!!!!!/

唯「今回のテーマである絆や夏の思い出をみんなと一緒に作れました。
 みんな本当にありがとうございます。
 そして明日で21歳にもなります」

\おめでとう!!!!!/

唯「ありがとうございます。
 じゃあせっかくなので今回のツアーのことを振り返ってみたいと思います。

 今回ライブをするのが1年振りで、去年の7月にソロで初めてのライブをパシフィコ横浜というとっても大きな会場でさせて頂くことになり、ありがたい気持ちとプレッシャー、様々な葛藤がありましたがみなさんのおかげで素敵なライブにすることが出来ました。

 ひとりでライブするっていうのは未知の世界で、パフォーマンスだとか、体力配分だとかよく分かっていない状態で。あと10代最後のライブと言うこともあり、10代の全てを出し切るつもりで全力全身で駆け抜けたライブだったと思いました。

 (1stソロライブでは自分のことで精一杯だったから、)
 だからこそ今回のツアーは自分の中でもプレッシャーや責任感が大きく、初めてのツアーでどうしたら成長したことを感じ取ってもらえるかを考えていました。

 今回ハタチとして最後のライブということもあるし、前回のライブから曲がほとんど変わらない・あんまり増えていない中で、前来てくれた人が観てくれる時、どんな見せ方や演出をすれば成長した姿を見てもらえるのかが課題でした。
 長いツアー期間の中でテスト期間も重なったりして、名古屋・大阪はテスト期間真っ最中で自分の中でも精神的・体力的にも頑張れたなと思います。

 こういう不安の中、不安でどうしようもなくなっても地方公演でみんなの楽しそうな顔を見たり、パワーをもらったりしたおかげで千秋楽まで無事に来られました。
 本当にありがとうございます。

 今回のツアーを通してうれしかったことの一つに、体感が変わったなということがあります。
 私には素直になれないところがあって、自分にもそうで、ちゃんとした姿を見せなきゃと責任感が強すぎて畏まりすぎてしまう・緊張してしまうところがあります。
 楽しいけれど、みんなの思いに応えられているかという不安で硬くなってしまうんです。

 でもライブというものはこの場限りのもので、みんなと同じ空気を楽しめているのって、本当に素敵なことだなと思うんです。
 楽しい時間をみんなと共有出来たのはとてもハッピーなことだと思います。

 私が安心してステージに臨むことが出来るのは、いつも一生懸命応援して下さるみなさんのおかげです。
 ブログにコメントをして下さったり、お手紙を書いて下さったり、みなさんの力は私に届いて、私のパワーになっています。
 本当に、本当にありがとうございます。

 そしてここまで出来たのはみんなの応援、スタッフ、数え切れないたくさんの人が支えて下さったおかげでツアーが完成したからだと思います。
 見えないけれどサポートして下さっているスタッフのみなさんに拍手をお願いします」

(拍手)

唯「私の周りは一生懸命サポートしたり、よく考えてくれている人ばかりで、そんな良い人たちに出会えたから自分を信じてやってこられたし、みんなと出会えたことに繋がっているんだと思います。

 まもなく21歳。
 ハタチという一年を突っ走ってきた訳ですが、…『ゆいはたち』って言えなくなっちゃう。
 ゆいはたち、ゆいはたち。まだハタチだよ~。
 20代って言うと、20代後半となったらもう大人ですからね。
 自分で信じられなかったの。
 私ハタチになれるんだろうかって。
 年齢を重ねるからには無理せず私にしか出来ない表現方法で成長していきたいって思っています。

 10代の頃は目まぐるしく、人生の一分一秒を仕事に捧げてきた毎日でした。
 その時に辛かったり楽しかったりを乗り越えてきたからこそ私にとってかけがえのないものや、私のしてきたことは正しかったんだと思える瞬間に出会えることが出来たのだと思います。
 ここにいる、支えて下さるみなさんがその証明・証拠で私の宝物だなと思います。
 ありがとうございます。

 だからこれからも私を応援して良かったと思えるよう、唯一無二の、私にしか出来ない表現方法で頑張って行きたいと思います。
 私は声が特徴的だけど器用な声質ではないし、歌も飛び抜けて上手いわけではないし、ダンスだって踊れるけどもっと上手いプロの人がいるし。
 それでも地道に頑張って行くので、これからも私についてきて下さればと思います。

 今日故郷でライブが出来たことは自信に繋がるし、まだここでは終われません!
 具体的に目標を作っておこうか。

 またライブツアーをやりたい!
 もっと色んなところに行ってみたい!
 海外にだって行ってみたい!
 ひとりでも武道館でやってみたい!

 これらは目指さなければ・努力しなければ行けないところです。

 いま不安を抱えている人もいると思うけど、進んでいる時間は共通です。
 未来へ向かってみんなで頑張って行きましょう!」

 どこの政治家の所信表明かと。
私の聞き取りの技量が足りずにそっくりそのまま書けないのは残念ですが、唯ちゃんファンならきっと大まかな話の筋は分かってくれると思います。どうか心で読んで下さい。

 要はこの一年、唯ちゃんの中で「自分が精一杯頑張るだけ」から、「自分が頑張ってみんなに喜んでもらいたい」という気持ちの変化があったんだと思います。
パフォーマンスを観ていてもそういう気持ちで取り組んでいることや、分かってもらいたいという気持ちがビシバシ伝わってきます。また具体的な目標が出来、どんどんその思いが強くなってきているのを感じます。

 周りの大人に翻弄されていたからでもあるんだけど、最初は唯ちゃんがどうしたいのかというのが見えて来ず、そういうところがこれまでいくつものチャンスを逃してきた要因の一つだと思っています。
だけど今の唯ちゃんならきっとチャンスの向こう側に道をつなげて行けるんじゃないのかなとこのツアーを通じて感じました。


 そんな気持ちを「おーい、みんな!明日は何の日か分かってるかー!?」と安元さんの声がぶった斬っていきました。
 1日早いけれど『Happy Birthday to You』を歌って唯ちゃんをお祝いしました。唯ちゃんの前にはカワウソくんのクッキーが乗ったケーキが運び込まれ、ロウソクを吹き消したところで拍手。

唯「安元さんの声ドス効き過ぎだよ~!
 本当にこれで素敵な誕生日が迎えられます。
 ありがとうございます!」

 それからオタクをバックに記念撮影を行いました。


 最後は、

唯「ハタチの唯が見られるのは今だけだよ~!
 目に焼き付けた??
 今度会うときは21歳です!」

とおどけて見せた後、生声の「ありがとうございました~!!」でツアーを締めくくりました。

 以上、群馬公演レポートでした。


 
拍手する

まとめプラグインv2

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!