無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

Dive into ゆいかおり World!!

Category : 声優関連
 本日放送されたゆいかおり特番「Dive into ゆいかおり World!!」の自分用メモ。
書けた分だけ適当に置いていく。かなり時間がかかりそう。ちょいちょい止めながら書いているのだが、石原の顔が気になりすぎて先に進めずにいる。


【オタクコメント】


【ゆいかおりLIVE「RAINBOW CANARY!!」~Brightest Stage~バックステージ】

唯「追加公演、武道館、頑張って行きましょう!(夏織ちゃんの方を向く)」
夏「さあ、」
ゆいかおり&スタッフ「えいえいおー!!!」

拍手→ゆいかおりハイタッチから指を絡ませる


ゆいかおりLIVE「RAINBOW CANARY!!」~Brightest Stage~より

・Ring Ring Rainbow!!
・LUCKY DUCKY!!
(途中まで)


【ゆいかおり対談】

(見つめ合いながら椅子に腰掛けるふたり)

唯「はい、と言うことで、今からふたりでね」
夏「うんうん」
唯「改めてねちょっと7年間、出会ってから約7年間」
夏「お~」
唯「経ってみて、ちょっと振り返りつつトークをしていこうみたいな企画らしいんだけど」
夏「あ~w」
唯「急にちょっと何か不思議な感じだね」
夏「そうだね~」
唯「改めてね」
夏「こんな日が来るなんてちょっと思ってなかったからね」
唯「うん」
夏「そっか~」

★出会い

唯「ここにカードがあるらしいのでこれを読んでいきたいと思います」
夏「は~い」
唯「じゃあまずは1枚目。こちら!『出会い』。
 7年前ふたりが出会った当時、お互いの印象は?」
夏「印象!」
唯「そっか、7年も経つんだ~。出会ってから~」
夏「そうだね!」
唯「それが何かびっくりかも知れない」
夏「何かさ、出会ったときって確か私が中学3年生になりたてで、唯ちゃんが中学1年生になりたてぐらいだった」
唯「そうだね。まだ13歳とかか、私」
夏「なってないと思う、12歳だと思う」
唯「え~、12とか13のときか」
夏「うん」
唯「わ~。しかもその年齢の7年間って、中学校・高校・大学の7年間って一番こう、成長するときじゃない?」
夏「うん」
唯「人が。何かそういうとき一緒にいられたのって改めて考えるとすごいね」
夏「そうね~」

唯「夏織ちゃんの印象はいっちばん最初に言われたのが『唯ちゃんですか?』って言われたのをすごい覚えてて」
夏「あっ、そうそうそう」
唯「何かホームページで先に私のプロフィールとかを」
夏「うん」
唯「夏織ちゃんが見てたらしくて『唯ちゃんですよね?』みたいな感じで言われて」
夏「うん」
唯「それにちょっとハッ!てなったの覚えてる。びっくりして」
夏「あ、本当に~?覚えてる~?」
唯「うん、それは覚えてる」
夏「そうそう。
 私の方が年上だったけど、まぁ唯ちゃんの方がね、芸能界は先だったから」
唯「そうだったね。そうだね~」
夏「何かどんなテンションで行ったら良いのか分からなかったの。当時」
唯「そうだよね。確かに~」
夏「でもこっからライブをしていく感じだったじゃない?」
唯「うんうんうん」
夏「まだゆいかおりとして結成する前にね」
唯「うんうん」
夏「だから、そのときにある程度仲良くならくちゃいけないなとは思ったの。
 何か。後から入った人だけど。だから何かそのときにどのテンションで行こうかな~って悩んで、とりあえず学校の後輩たちと同じノリでやってみたの」
唯「あ、そんなに色々考えてくれてたんだね」
夏「あ、そうそう。実はね。言ってなかったけど、そうそうそうそう」
唯「そうだったんだ~。
 すごい元気の良いって言うか。何か、そう、すごい初めましてだけど」
夏「うんうん」
唯「すごい、何か積極的に挨拶してくれてるな~って言うのはすごく感じたかな~」
夏「うんうん、懐かしいね~」
唯「ね~」

唯「私覚えてる?」
夏「唯ちゃんの?」
唯「私の印象。今よりちっちゃかったよね」
夏「全然ちっちゃかった!背もちっちゃくて~!」
唯「私これでも4㎝くらい伸びたんですよ!これでも!」
夏「そう!」
唯「これでもw」
夏「そうそうそうそう、声も今よりやっぱ子どもっぽかったし」
唯「もっと子どもだったよね~!w」
夏「そうそうそうそう!」
唯「覚えてるよ、ゆいも」
夏「なんかね~」
唯「はい!(甲高い声で)みたいなね」
夏「特徴的だったじゃん?声が。だからね、すごい感動した記憶がある」
唯「感動した!?あ、すごい声だなって?w」
夏「だから良い意味でよ、もちろん!(手をブンブン振りながら)」
唯「あ~、うんうん、あはははw」
夏「何か、やっぱり自分の周りにはいない人が芸能界にはいるんだなってすごい思った!」
唯「あははは、恥ずかし…w そんなこと思ってたんだw」
夏「うん、思った思った!」

★ユニット名「ゆいかおり」

夏「『ユニット名「ゆいかおり」』。「ゆいかおり」というユニット名の由来は?」
唯「これ未だにアレだよね。まだ私たちのことを知らない人からは『えっ、二人だったの!?』って言われるよね」
夏「言われるよね!w」
唯「未だにw でも確かに普通に聞いたら『え、何?それ』ってなるもんね」
夏「うんうんw」
唯「名前っていうのは分かるけどユニット名なんだ~みたいな。
 あの、偶然できた名前で」
夏「そう!偶然w」
唯「偶然というか仮のままずっとここまで来ちゃったって言ったら良いのかな…w」
夏「そうそう!w ふたりで出演するイベントみたいなのがあったんだよね」
唯「そう、ライブがあって~」
夏「そう!ライブライブ!」
唯「ライブがあって、何か、まぁそんときから仲良しでね」
夏「うん」
唯「ライブ…ふたりで歌ったりするのも好きで」
夏「うん」
唯「で、ライブにふたりで出演させてもらうタイミングがあったんだけど急に決まって」
夏「そう!」
唯「で、名前どうしようみたいになったんだよね」
夏「そう!出す名前がない!みたいなねw」
唯「他の方とかも結構出演してる番組で、番組って言うかライブだったんだけど、他の人はバリバリさぁ」
夏「カッコいい名前なんだよね!w」
唯「英語の名前とかあるのに、今はゆいかおりだけど(当時は)何もなくて」
夏「とりあえず名前から取ろう!って」
唯「そう!とりあえず名前だけで仮だけど、とりあえずゆいかおりでいっか!って思って出たら何か意外とね、そのままの流れで」
夏「しっくりね」
唯「ここまで来ちゃって」
夏「本当はさ、でもさ、メジャーデビューするときには変わりますみたいな噂があったんだよね!」
唯「そう!言われてたの!噂があって~、何だっけ?あまなっとうだっけ?」
夏「そう…w 何それ…w」
唯「あまなっとう。良かったよ、ほんと。ゆいかおりで」
夏「ほんとね!」
唯「だって、今あまなっとうだったらさ、絶対さ、衣装とか全部茶色だよ」
夏「茶色だよw」
唯「茶色とかくすんだ色だったよ」


ゆいかおりLIVE「RAINBOW CANARY!!」~Brightest Stage~より

・Intro Situation



まとめプラグインv2

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!