無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

小倉唯1st LIVE「HAPPY JAM」夜の部に行ってきました!!

Category : 声優ライブ・イベント
 昼の部に引き続き、小倉唯 1st LIVE「HAPPY JAM」 夜の部に参加しました。

※以下、レポートです。
若干聞き間違い等あるかも知れませんがご容赦を。


<関連記事>
小倉唯1st LIVE「HAPPY JAM」昼の部に行ってきました!!
小倉唯 1st LIVE「HAPPY JAM」グッズレポート


【小倉唯 1st LIVE「HAPPY JAM」 夜の部 セットリスト】

【セットリスト】
01. FUN FUN MERRY JAM
02. Charming Do!
03. パンドラ♡ショコラ
04. いつだってCall Me!
05. in Wonderful Wonder
06. A Lovely Tea Break
07. Get over
08. Raise (album ver.)
09. ガーリッシュエイジ
10. シュガーハートエイク
11. きみがここに来る二、三の理由

 (TVアニメ「神様のメモ帳」キャラクターソング)
12. Tinkling Smile
13. Honey♥Come!!
14. ともだちピンク

 (TVアニメ「ロウきゅーぶ!」キャラクターソング)
15. Happy Strawberry
16. Sing-a-ling-a-Harmony


<ENCORE>
17. thx!!
18. Baby Sweet Berry Love

【映像】
★『Honey♥Come!!』 MUSIC VIDEO
★ゆいゆい散歩 ハッピーロード大山商店街
★Happy Cookingのコーナー ハンバーグ


 夜の部は1階最前列(ただし端っこの方)より鑑賞。

 開演時間に『Honey♥Come!!』MVが流れ出し、すぐ近くにスクリーンがあったので目を皿のようにして観ていました。例のお風呂シーンを。よくよく見たら透明の肩紐が見えたけれどきっと気のせい。うん、裸ですね。

 しばらくしてオープニングが流れ出したのですが、両サイドのスクリーンには映し出されず、映し出されている白い幕も座席の関係で何が何やらという感じにしか観えませんでした。でもその代わり幕の隙間からダンサーさん達が顔をペチペチ叩いて気合いを入れていたり、自分の振りを確かめたりしているのが見えて、それはそれで面白かったです。


 開幕し、『FUN FUN MERRY JAM』から『パンドラ♡ショコラ』まで立て続けに歌唱。

唯「小倉唯1st LIVE「HAPPY JAM」、遂に始まりました~!
 「HAPPY JAM」と言うことで、みんなでHAPPYな時間を作って行きましょう!」


 『いつだってCall Me!』。
ダンサーさん達が唯ちゃんを取り囲み、衣装をベリベリと剥がして行き、衣装チェンジ。パーツが外されていくごとに唯ちゃんが「わぁ~!」って顔をして笑っていてかわいらしかったです。サビの振りが覚えやすかったのでコピって楽しみました。

唯「改めまして、こんばんは。小倉唯です。
 今日は1stライブにお越しくださいましてありがとうございます。
 正真正銘の1stソロライブになります。
 1stライブでこんなにたくさんの人に応援して頂けてうれしいです。
 その恩を返していけるように小倉唯らしさを出して楽しんで行きたいと思います。

 “JAM”はただの“JAM”ではなく、“HAPPY JAM”なんです!
 色んな小倉唯を詰め込んだライブにしたいと思っています。
 みなさん盛り上がって行って下さい」

唯「早すぎて気付かなかったかも知れないけど、さっき早替えしたの、気付かなかった人いる?」

\はーーーーーーーーい!!!!/(大勢が挙手)

唯「ウソでしょ!?本当に気付かなかった人?」

\はーーーーーーーーーい!!!!/(さっきより微妙に増えてる)

唯「ちょっと~!!(-_-#)
 衣装もかわいいので見どころの一つとして見て頂けたらと思います」

唯「みんなグッズを身に付けてくれてありがとね~。
 さっきスタッフさんからほぼ完売したって聞きました。
 今回のグッズでは私がマグカップとジャムをプロデュースしたんだけど、買ってくれた人?」

\はーーーーーーーーい!!!!/(大勢が挙手)

唯「いっぱい買ってくれたんだね。
 ジャムがグッズなんて初めてじゃない?

 今回のグッズは全部私が監修させてもらってて、いくつかあるデザインの中から選びました。
 たくさん身に付けてくれてうれしいです。ありがとう。
 グッズを身に付けてガンガン盛り上がって行って下さい!」


 お昼の部では『PON de Fighting!』だったのが『in Wonderful Wonder』に。
不思議の国のアリス風の映像が流れる中、歌唱する唯ちゃん。

 『A Lovely Tea Break』の「廻る 廻る 廻る」はバスケのピボットみたく片足を軸にし、タン、タン、タンと回っていたのですね。間奏ではダンサーさん達と乾杯してプチお茶会を開いていました。


【VTR:ゆいゆい散歩 ハッピーロード大山商店街】
※昼の部と全く一緒です。

 今回のライブのタイトルは「HAPPY JAM」。
という訳でHAPPY繋がりでハッピーロード大山商店街へHAPPYになれるものを探しに行きます。

 まずはお花屋さんへ。「かわいい!!」と、黄色いバラを買います。

 お次はクレープ屋さん。200種類以上あるメニュー表を眺めながら迷う唯ちゃん。いちごのにすると決めると「小倉いちご生クリーム」を勧められ、「小倉!?」と反応。結局は生クリームカスタードいちごにしていました。そこは小倉にすべきなんじゃないの?ネタ的にも…w
 クレープをかじると突如食レポを始め出す唯ちゃん。
「生地がフワフワで、生クリームが程よい甘さでおいしいです」。

 続いては甘味処へ。
おすすめは何かと尋ねると、このお店は大学いもが売りだそうで、それに決めます。大学いもを食べ、またも食レポを始める唯ちゃん。「甘すぎなくて、表面はパリッとしていて、中はお芋の味がしておいしい!」。

 その次は銀だこでチーズ明太子6個入りを頼むと、出来上がるまでに時間がかかるので、着物屋さんへ。
ちょうちょの浴衣を試着させてもらっていました。これは自分で着たのですかねぇ。唯ちゃんは自分で着付けが出来るし。 

 その後たこ焼きを受け取って「すっごいおいしかったです!」。食レポファイト!w

 最後には作りたいものがあるからと、「野菜やさん」(八百屋さんなw)へ立ち寄り、玉ねぎ・桜たまご・納豆・トマト・スイスチャードを、肉屋さんでお肉を購入し終了。

 今日一番HAPPYになれたものは?
「(ドラムロールの真似をして)クレープ!!ちょっと迷ったけど~」。

 みなさん、生クリームカスタードいちごを食べてHAPPYになりましょう!
クレープ屋さんは移動販売してるっぽかったので、この商店街のお店ではないかも知れないけれど。


 映像明けて衣装チェンジをして登場。『Get over』からの『Raise』。
『Raise』ではスモークが焚かれていました。
『ガーリッシュエイジ』からのダンスパフォーマンスでは黒いスタイリッシュな衣装を着たダンサーさん達に引けを取らない、しなやかでキレッキレなダンスを披露。


 ダンサー紹介明けて『シュガーハートエイク』。
淡いブルーの衣装とやさしい歌い出しがよく合っています。
昼の部同様、頬に手を添え情感たっぷりに歌い上げている唯ちゃんの顔を見ているうちに、私=唯ちゃん、キミ=夏織ちゃんとしか思えなくなってきて、うわ、これめっちゃゆいかおり曲やんっ!!となりました。

 私にイメージ映像を流し込んでくるほどの唯ちゃんの感情の込めっぷりを見て、これは絶対に夏織ちゃんのことを想ってるわと確信し、「ゆいゆいの想い、ちゃんと聴いてるか石原ァァァ!?!?」と思いながらチラリと2階の関係者席と思われるところを見上げていました。夏織ちゃんはライブの最後までいられなかったらしいけど、これは聴けたよなっ??

唯「カッコいいダンスコーナーをやりましたが、どうでしたか~?
 ダンスは昔から好きで色んなダンスをやっていて。
 クラシック、タップ、ジャズ、日本舞踊とか色々やってて、それが私の中にあって。
 習わせてくれた両親に感謝ですね。

 私のダンスは普通と違うんだって。
 『人間じゃないような動きするよね』って言われるの。
 ダンスの石川ゆみ先生にね、『唯は人間の動きじゃないんだよな。
 でもそれが唯らしくて良い』って言われたの。
 私らしく且つカッコいいダンスを踊ったつもりなんだけど、どうだった?
 これからも色んなダンスを頑張って踊れるよう、練習を積んで行きたいです」

唯「それでは次歌う曲は声優活動を始めて最初の頃に出会ったキャラの曲で、出会えて良かったなという気持ちを込めて大切に歌いたいなと思います」

と、歌い上げるのはTVアニメ「神様のメモ帳」キャラクターソング『きみがここに来る二、三の理由』。過去のMVが背後に流れた後には階段に腰かけて歌っていました。


【VTR:Happy Cookingのコーナー ハンバーグ】

 ゆいゆい散歩で買ってきた食材を使って、カワウソくんに教えてもらいながらハンバーグを作ります。最初の方は省略します。

(ハンバーグのタネをスプーンで掬って差し出しながら)

唯「食べる?」

カ「ふざけてないで料理しなさい!」

 唯ちゃんに「料理しなさい」ってお説教するちゃんりなって何かすごい違和感w

(タネをこねこねしてる時の掛け声)

カ「ゆいゆい!」

唯「ゆいゆい!」

カ「ゆいゆい!」

唯「ゆいゆい!」

(タネをハート型にして)

唯「こうやって…えいっ!(ズビシ!!)」

(タネに勢いよくチョップし出す唯ちゃん)

カ「ええっ!?」

唯「味がこのひと手間で変わるの!」

カ「本当に~??」

唯「本当だよ~」

(焼き上がったハンバーグを見て)

唯「すごい!ハンバーグみたい!」

カ「当たり前だよ!何言ってんの唯ちゃん!?」

(付け合わせの野菜を盛り付けながら、じゃがいもをカワウソくんの顔の近くまで持って行って)

唯「このじゃがいも、カワウソくんにそっくり~!」

カ「遊ばないの!」

 その後、ソースを作ってかけてHAPPY ハンバーグの完成です。
レシピには「一度ハート型にしてから潰すのがポイント」と書かれていましたw


 映像明けて、衣装チェンジしてきた唯ちゃんは『Tinkling Smile』を歌唱。

唯「ヤッホー!」

\ヤッホー!!/

唯「ヤッホー!!」

\ヤッホー!!!/

唯「面白~いw すごい!みんな~。
 Happy Cooking、みんなちゃんと観てた?」

\観てたよ~!/\食べた~い!!/

唯「食べたい?あーげないっ!」

\工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工/

唯「え~って言われても…(^^;)
 う~ん、ハンバーグはあげられないかも知れないけど、何がほしい?」

 唯ちゃんがほしいとかいう雑音が聞こえてましたがスルーで、唯ちゃんは胸の辺りに手でハートの形を作って前に飛ばしていました。オタクたち大歓喜。

\もう一回!!!!/

唯「もうこれで終わりだからね!怒るよ?」

\怒られた~い!!/

唯「怒られたいじゃないっ!(-_-#)」

 そう言ってまたハートを飛ばしていました。
真ん中の方の人にしか飛ばしてなかったので、こちらには飛んで来ず残念でした。

唯「Happy Cookingコーナーではちゃんりなこと日高里菜ちゃんがカワウソくんの声を入れてくれました。
 私はカワウソがすっごい好きで、あのマスコットを見た瞬間それだけでかわいすぎて胸がいっぱいで幸せだったのに、その上大好きなちゃんりなが声をやってくれるということでね。
 何かね、機会があればキャラクターなんかも作れたら良いね」

 ゆかり王国はうさぎ、お奈々さんとこはちょもぐるみ(鳥など知らん)、唯ちゃんはカワウソ…?になるのでしょうか。

唯「ゆいゆい散歩ではハッピーロード大山商店街に行ったんだけど、みんなハッピーロード大山商店街知ってる~?」

\はーーーーーい!!!/(たくさん挙手)

唯「たくさんの人が行ったことがあるんだね。
 じゃあVTRの中の店に行ったことがある人~?」

\はーーーーい!!/(そこそこ挙手)

唯「…みんな騙してくるから疑っちゃうよ…。
 でもそんなにいないから信じてあげよう。
 行ったことがある店が出てきてうれしかった?」

\うれしかった~!!/

唯「良かったです。うんうん」

唯「開演して遅刻してきた人いる?」

\はーーーい!/

唯「いつ来たの?今!?それはダメだよ!
 ほとんどの人が良い子で着席してたと思うんだけど、開演時間に『Honey♥Come!!』のMVを初披露しました!
 この会場にいる人限定です。
 これを全部目に焼き付けたって言う超人はいないと思うけど、発売をじっくりと心待ちにしていて下さい」

 お風呂のシーンだけしっかりと目に焼き付けた超人です。


 ライブパートに戻って『Honey♥Come!!』を歌唱。
最初は振付かわいい~♡と思いながら見てたんだけど、あれっ、この衣装よく見たら…おなか見えてませんっ!?!?!?!?唯ちゃんの!!!おなか!!!!
なになに、MVでは裸(厳密に言うと違う)だし、ライブではおなかも出しちゃうの??小倉唯さんも大学生になったし、肌色解禁ですか??

 間奏では人差し指にキスをして前方に飛ばしてたのだけど、今度は3方向に飛ばしてくれたのでこちらにも直で飛んできて「キャアアアアアアア!!!!!」ってなってましたw
まじでこっちの方向いてたからね。あのキスは私のものです(。+・`ω・´)キリッ

 TVアニメ「城下町のダンデライオン」の宣伝後、TVアニメ「ロウきゅーぶ!」キャラクターソング『ともだちピンク』が流れ出し、場内発狂。会場にすばるんの何と多いことよ。おまわりさん、俺らです。

 久しぶりに聴きましたが、まだコール出来ました。案外覚えているものですね。
サビ前には唯ちゃんが「せーの!」と言って、こちらに「おー!おー!おー!おー!」の部分を振ってきました。
途中で唯ちゃんが私のいる側へやってきて、「おっぱいなら おっきくな~る」と歌われた時にはもうどうしようかと思いました。おなか見えてるし、太ももは眩しいし、おっぱいでしょ。色々と圧倒されてしまい、「うん、そうだね」と笑顔で頷くよりほかありませんでした。

 ちなみにRO-KYU-BU!ライブの時には間奏で

唯「お~~~~~~~!!!!」

\お゛~~~~~~~~!!!!!/

唯「お~~~~~~~!!!!」

\お゛~~~~~~~~!!!!!/

と言うコール&レスポンスがあったのですが、今回はなくてちょっぴり残念でしたw

 『Happy Strawberry』は『ともだちピンク』が楽しすぎたので正直あまり記憶がありません。アルバムのリード曲で聴けるのを楽しみにしていたはずなのにね。

唯「次がラストの曲になります。
 まだ始まったばかりのような感覚なんだけど。
 みんなでここまで来れたことに幸せな気分でいっぱいです。
 支えてくれているみんな、スタッフ、家族、友達。
 そんなみんなにいつも支えてもらってるので、恩返しするつもりで感謝の気持ちを込めて歌います」

 そう言って『Sing-a-ling-a-Harmony』を歌う唯ちゃんの声はところどころ震えていて、昼の部最後のMCを思い出し胸が締め付けられました。


 アンコール明けて唯ちゃんは白Tシャツで登場、『thx!!』を歌唱。
先ほどのように震えた声ではありませんでした。

唯「アンコールありがとうございます。
 1st LIVE「HAPPY JAM」…、(涙が込み上げる)
 最高の思い出に出来たと思います。
 ありがとうございます。

 本当に1st LIVEが決まってからすごくうれしい気持ちでいっぱいでした。
 ファンのみなさんが待ち望んでくれていたことなので、話を聞いた時にはうれしくて。
 だけど初めてのステージでこんなに大きい会場で、1st LIVEをやったことないのに大丈夫かなと思って。
 でもこれまでの何年間、色んな経験をしてきたなと思って。
 絶対に成功させなきゃって、自分の中でプレッシャーがあって。

 私はいつも考えすぎだよと言われるほど真面目すぎるところがあって、
 お仕事も、学校も、みんなとの時間も全部大事にしたくて。
 でもそれは自分が頑張らないと出来ないことだと思って。

 始め自分だけが頑張っているような、自分一人だけで闘っているような気持ちになったこともあって、苦しかったこともあったけど、みんなはどんな時もブログやファンレターでいつも応援してくれて。
 私の頑張りがみんなの頑張りに繋がっているんだなと思って。

 ここにいるみなさん、いなくても遠くから応援してくれているみなさん、スタッフ、家族、友達に心から感謝したいです。

 私、小倉唯としての物語はまだ始まったばかりなんです。
 だって、1st LIVEなのですから。
 こんなに素敵なステージに出来たのはみなさんのおかげです。
 やっと少しは頑張れたかなと思うことも、まだまだこれからだなと思うこともあって。
 これからも頑張りたいです。

 私、小倉唯の歴史の1ページをみなさんと一緒に歩んで行きたいです。
 最後までみんなで一緒にHAPPYな時間を楽しみましょう!」

 唯ちゃんが一生懸命話そうとしてくれているのに、涙で言葉が詰まるたびに「頑張って~!」と声が上がっていたのが邪魔でした。それでは静まるまで次の言葉を話せないではありませんか。それに今まさに頑張っているところなのです。
ここは声援を送りたい気持ちはぐっとこらえて黙って聞いてあげるのがマナーだと思いました。

 最後の『Baby Sweet Berry Love』は涙で前が滲んでよく見えませんでした。


 ここからは完全に主観です。気を悪くされる方もいらっしゃるかと思いますが、すみません。

 唯ちゃんはデビューしてからこのステージに辿りつくまで、随分と遠回りをしてきたように思います。

 ソロデビューの少し前にStylipSのメンバーとしても活動することになった唯ちゃん。
「ハイスクールD×D」の放送期間限定の活動なのかなと思っていたらそこから1年も拘束されました。その間ソロデビューが決まり、ソロ、ゆいかおり、そしてStylipSとしても活動していくことになり、この時期は心身ともに相当辛かったと思います。

 それからしばらく経ってStylipSとしての活動がパッタリと止まったと思ったら卒業、大学受験があるからとの名目でイベントがセーブされて行きましたが、実際は事務所移籍とその清算のためでした。
 私はStylipSの楽曲は大好きですし、ゆいかおりを売り出してくれたことに関しては前事務所に感謝しています。しかしながら、StylipSさえなければ、移籍など大人の事情のゴタゴタさえなければ唯ちゃんはもっと売れていたのではないかと思うし、もっと早くに1st LIVEできていたはずです。私はそれが惜しい。

 だけどそういう時期も乗り越えてきたからこそ今の唯ちゃんが在るのだし、今日のような素晴らしいステージが出来たのだと思うから、否定をしてはいけないんだと思いました。

 色々あったけれど、唯ちゃんがソロとして歩み出した瞬間に立ち会えて幸せでした。
どんなに自分が辛い時にも私たちにはやさしい笑顔とあたたかい言葉をくれた唯ちゃん。今まで投げ出さずに頑張ってきてくれてありがとう。これからもその感謝の気持ちを持って応援し続けて行きたいと思います。



 とてもHAPPYな時間をありがとうございました。

 以上、レポートでした。

 
拍手する

まとめプラグインv2

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!