無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

クロスアンジュ(完)

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 クロスアンジュ#24-25(最終回)を観ました。

 24話では何と言ってもクリロザが上空からキスしながら落下していくところをヒルダがキャッチするシーンでの唯ちゃんの演技が素晴らしかった。これまで観てきた中で、一番気迫のこもった良い演技でした。相手役が夏織ちゃんだったから思う存分ぶつかっていけたのでしょうね。

 夏織ちゃんの方も少し前の回の「アタシはあいつがいないとダメなんだよ…」というセリフが印象的でした。ロザリーのおバカでずる賢いところもあるけれど、本気で人を傷つけることだけは出来ないところや、クリスのことを誰よりも理解し受け止めてくれるやさしさは、夏織ちゃんだからこそ出せたのだと思います。

 ところで私の観方が足りなかったのかな、ロザリーやヒルダってクリスに本当の友達じゃないと思わせるようなことしてましたっけ…?小さい頃の髪型云々の細かいエピソードはさておき、一度命を落とした時に駆けつけてこなかったのを怒っていたんです?もしそうなら二人が飛び立った後に死角で撃たれてるから仕方がないと思うのですが…。その後もサラ子たちがおしかけてきてたからクリスどころじゃなかったし。どう見たって不可抗力じゃんって思ったのは私だけかなー。

 何かこう、二人を逆恨みするようエンブリヲくんに暗示をかけられていたのかしら。特にクリスをバカにしているようなカットもなかったように思うし、え、何でそんな被害妄想を抱いてるの?と最後まで不思議でした(^^;)

 主役について。最初はクズキャラで行くつもりなのかと思っていたら、いつの間にやらすっかり綺麗?で破廉恥なキャラになってしまったアンジュ。でも自分と言うものを持っていて、キッパリスッパリ言い切るところは観ていてスカッとしました。口だけじゃなくて、やるって言ったら必ずやる実行力もあり、自然と周囲に仲間が集まってくるのも頷けました。

 最初は大嫌いなキャラでした。しかし悔しいかな、次第にヒルダを初めとする他人の人生をも変えてしまう、エネルギッシュなアンジュから目が離せなくなっていきました。みんなもこうしてアンジュに惹きつけられていったのでしょうね。

 たまに引いてしまうようなお下品なセリフとちょいちょい入るえっちなシーン、過激なキャラがアクセントになっていて強烈な印象を残した作品でした。最近はキャストが豪華だったり、作品のネームバリューがあったりすると脚本が手抜きになりがちだけれど、クロスアンジュは全体的にまとまっていて良かったです。ヴヴヴみたいなことにならなくてほっとしました。
 
拍手する

まとめプラグインv2

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!