無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

小倉唯ちゃんファンサイト

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

徒然チルドレン(9)特装版

Category : その他アニメ・マンガ・特撮


 まずはDVDのオーコメを聞きました。
その中から気になった話をいくつか。

・オーディションで唯ちゃんは複数の役を受けたが、いのりちゃんが受けたのは千鶴だけ
・告白されるとしたらどんなシチュエーションが良いか?
 いのり「大勢のクラスメイトの前では嫌」
 唯「公開処刑だもんね」

 いのり「二人っきりでそれっぽいことを言われたい」
 唯「私も目立ちたくないから呼び出しを受けてお手紙をもらいたい。
 急に言われても何を言えば良いのか分からない」

 いのり「メールでの告白はダメだと思う。
 自分の思いを自分の言葉なり文章なりで伝えることが大事」


 告白するとして、いのりちゃんだったらその場でハッキリ答えてくれそうだけど、唯ちゃんは断りたい場合、どう言えば傷つけずに済むか考えて困りそう。だからまずお手紙がほしいんだね。というかそもそも呼び出しても脈なしだったら来てくれないかなw

 何度も書いてるけど、個人的には唯ちゃんがこれまでどんな告白をされてきたのかが気になる!絶対面白いこと言われてそうw
それ以上にキモい方が圧倒的に多いでしょうけどね…w(^^;)

 本の方もパラパラ読んでみました。
私ね、正直言うと徒チル苦手なんですよ。中高生の恋愛は若さ故の勢いや、がっつき具合が好きなんですけど、徒チルは全員もれなくめんどくせぇ。

 スマホで告白するやつとか、なかなかキスできないカップルとか本当イライラMAXでした。
高校生はあんな回りくどいことはしないよ。たったひと言「好きやで」って言えば良いし、適当にちゅーすれば良いだけなのにまどろっこしい真似をしおってからに。
これが同性同士の恋愛だったら許せるけどさ。

 他にもからかったり、ああ言えばこう言うみたいな駆け引き?ばかりで、頭よりも先に体が動くタイプの私には無理な作品でした。
作中に出てくるような回りくどい告白のされ方したら「は?何が言いたいの?」ってならない?最初からストレートに「好きです!!」って言われた方がうれしくないか?違う??

 こんな私には「アホガール」のノリがピッタリでした。
毎話2回は観てて、ゲラゲラ笑いまくってましたね。徒チル観た後の癒やしでした。
よしこが徒チル世界に飛び込んで掻き回していってくれたら楽しかったろうね。もっと簡単にカップル成立してそう。

 高校生は要らんことを考え込まずに、よしこぐらいアホで良いんだよ。

けものフレンズ たつき監督降板

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 カドカワはやってはいけないことをやってしまいましたね。
絵コンテから脚本から何から何までやっていたたつき監督を外すとは。

 けものフレンズは一挙放送を観て途中からハマりました。
最近じゃ唯ちゃん出演作で気に入った話があるとか、イベント申込のためにしかBlu-rayを購入しない私でも即オフィシャルガイドブック全巻ポチったほど素晴らしい作品でした。

 アニメは基本的に低予算だから普通は海外に振ってそれなりのものしか作らないところばかりじゃないですか。でもこの作品からは並々ならぬ情熱を感じました。

 オフィシャルガイドブックを見てみると、毎回設定や小ネタなどがびっしり書かれていて、今時ここまで丁寧に作品を作り上げている人たちがいるのだなと感動し、オフィシャルガイドブック全巻もう1セットポチりました。

 たつき監督ら制作サイドへのリスペクトと良い作品を作ってくれてありがとうという感謝の気持ちを込めてのことでした。
こんなこと滅多にしないんですよ、私。
それだけスタッフさんたちの、作品への愛を強く感じたのですよ。

 たつき監督が外れるとなると、それはもうけものフレンズではありません。
この人なくしてはあの世界観は成り立ちません。たつき監督が続投することにならなければもう観ません。

 カドカワは本当にアカン。
最近では艦これアニメで失望させられたばかりです。
艦娘・特に赤城、大井っち・ブッキー・金剛さん辺りはキャラを改悪され、どうでも良いところで如月ちゃんを轟沈させ、挙げ句今までのことはクソ無能提督によるブッキーケッコンレベリングでしたっていうクッソしょうもない話で。

 絵や音楽、キャストは最高の仕事をしているのに艦これのことを全く理解していないクソ脚本家のために全てが台無しになりました。けものフレンズもそうなってしまうのかと思うと目も当てられません。本当に残念でなりません。

 今ならまだ間に合います。たつき監督続投でお願いします。
二期が悲惨な結果に終わる前に。

DVD付き UQ HOLDER!(14) 限定版

Category : その他アニメ・マンガ・特撮


 コミックスを最新刊まで読めたので「DVD付き UQ HOLDER!(14) 限定版」のDVDを観ました。

 夏凛の声は唯ちゃんの低音ボイスキャラの中でも一番低音ですね。ちょっとお姉さんっぽさを感じます。

 さて、原作既刊全巻読んだわけですが、う~ん。
つまら…ゲホンゲホン。刀太みたいな雪姫にプロポーズしておきながら他の女子にも好きだの愛してるだの言う主人公は嫌いよ。まぁ心身の成長が13歳で止まっちゃってるからこんなものなのかも知れないけど。
心に決めた女がいるのなら他の女にフラフラするな。

 雪姫も雪姫よ。
本当は刀太が好きなくせに振るし。振るのならキスをするな。意味分からん。あと本来の姿の方がかわいいからそっちでいてくれ。

 そんなことよりも一番嫌なのは夏凛まで刀太なんぞに惹かれ始めたところですね。そこは雪姫さま一筋であって欲しかったですね。

 主人公ハーレムものは主人公が筋の通った良い男でないとムカつくだけなのでやめてほしい。つーか、アニメの監督は鈴木洋平さんじゃないか。肌色多めの中身スカスカアニメになりそうな予感…頼むぜ…(^^;)

 原作を読んでアニメ開始前に期待値が下がってしまうとは…(^^;)
ちょっとだけ楽しみなことがあるとするならば、そこまでやるかどうか分かりませんが、夕映が出てくるのでなっちゃんの声が聞けそうなことぐらいですかね…。

 アニメですみませんでしたぁぁぁ!!!面白いです!!!って土下座したくなるような展開はよっぽど脚本が良くないと起こりえないですね。キャストのみなさんが熱演したとしても厳しいかも知れない。頑張ってね…。

UQ HOLDER! 読んでるよ

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 先日UQ HOLDER! 限定版 14巻が届いたのですが、これのDVDだけ観ても話が分からないだろうなということで、コミックスを読み始めました。
私はネギま!のアニメを観たことがないので本来ならネギま!から読むべきなのでしょうが、全40巻ぐらいあってちょっとしんどいなってなって、UQ HOLDER!だけにしました。

 それで読んでみて、ネギま!のネギ先生の子孫の話っぽいけども、UQ HOLDER!だけでも大丈夫そうです。繋がっているようで繋がってない。多分。

 主人公が技を身につけていく速度が結構速いというか、ほとんど才能ですよね。今4巻まで読んだけどラスボス級に強いぞこれ。序盤でこんな強さにしちゃって大丈夫なんですか?って思いましたね。

 そして唯ちゃん演じる夏凛ちゃんはクールで手練れな子なんですね。
これまた唯ちゃんの低音バトルボイスが聞けそうなキャラですね(アニメの声はまだ聞いていません)。この間主役の高倉さんが唯ちゃんの演技がすごい!って褒めていたので、どんな演技かすごく楽しみです(*^_^*)

 早く14巻まで追いつきたい!

徒然チルドレン 第8話 オーディオコメンタリー dアニメストア独占配信

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 唯ちゃんとりえしょんのオーコメを聴きました。
この二人の絡みって想像出来なかったんですけど、割と仲良しそうですね。共演している作品はいくつかあるんだけど、二人が言っているようにガッツリ絡んでいるわけではなさそうだから何か意外でした。

 オーコメではキスシーンの話から変にテンションが上がり出す唯ちゃんがとても良かったですね。「ちゅ~しちゃったよ~」のところでニッコニッコしてしまいました(*^_^*)
スコーンゲームのときは「ちゅーしちゃったね~♡」な感じだったのでしょうか。

 とても幸せになれるオーコメなのでまだdアニメストアに登録したことのない方は特に!無料で観られるので是非観てみて下さい。

世界で一番、俺が〇〇

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 最近イブニングで楽しみにしているのが水城せとな著「世界で一番、俺が〇〇」。

 柊吾・アッシュ・たろちゃんという仲良し3人組がいて、いつものように3人でダベってるところにナナミという異世界の少女が現れ、あるゲームを持ちかけます。この3人のうち、最も不幸な人間の願いを叶えてくれると言うのです。

・柊吾…仕事で成功を収めているが、敵を作りやすい性格で、アッシュ・たろちん以外には心を許せる人間がいない。が、最近はナナミと急接近中。幼い頃に火事で両親を亡くしている。

・アッシュ…イケメンで学生時代からモテている。無職のヒモ男。その時の彼女やご主人様の好みに振る舞える。

・たろちゃん…見た目は冴えないがとても優しい。ブラックな会社で毎日遅くまで仕事をしている。最近、お弁当屋のフミちゃんに告白し、何度かデートを重ねるが色よい返事をもらえていない。

 3人は大体こんな特徴です。
この中ではパッと見、柊吾やたろちんが勝ち残りそうですが、一番何も持ってなくて手に入れたいものが見えないアッシュが動き出してからは俄然面白くなり引き込まれていきました。

 イブニング今週号ではいきなりすごい展開になっていて、ますます次号が楽しみになりました。
普段大人しい人を怒らせるとおっかないんですね…。でもたろちん、フミちゃんがいけないんやで。アッシュには死んでもらいたくないな。生きててくれ~。

「りゅうおうのおしごと!」TVアニメ化決定

Category : その他アニメ・マンガ・特撮


 「りゅうおうのおしごと!」のアニメ化が決定しました。
でしょうね。って感じw キャストに変更がなくて良かった~。
 ちょうど今、藤井四段が頑張って将棋界を盛り上げてくれているので、ここでこの波に乗っておかない手はないわな。元々人気作品であり、遅かれ早かれアニメ化されたでしょうが、良い波がきてくれて良かったですね。グッドタイミングです。

 さて、アニメの方はロウきゅーぶ!スタッフが制作とのことなので、JSたちの魅力を余すことなく引き出してくれる作品となることでしょう。きっとまたゆいりなでラジオをすることになるでしょうし、良コンテンツの予感がします。悔しいけどちゃんりなとのラジオは面白いからな。

 特番内ではまた大阪でイベントをやれたら良いねという話も出たそうです。是非やりましょう。ゆいりなとユニバでイベントしましょう!!

 イベント参加のために買ったコミックスも買い続けておりますよ~。5巻まで読みました。
しゃうちゃんもかわいいけど、私は姉弟子推しなので最近姉弟子の影が薄いのが寂しい~(>_<)
あいちゃんたちJSメインだから仕方ないとはいえ…。この作品のファンはやっぱりロリ…JS好きが多いのかなぁ…。

 ともあれ、応援し続けて行きたいと思います。

私たちがふたり揃えば

Category : その他アニメ・マンガ・特撮


 ゆいかおりでした。
正月にモンストアニメを観た時は普通のアニメだった気がするけど(何かパンドラちゃんが異世界から召喚されてしまった話だった気がする)、久しぶりに観てみたらアイカツ!の話になっていたよ。

 唯ちゃん演じるパンドラちゃんが何故か自分のラジオ番組を持っていて、そこに石原演じる紫苑と本渡ちゃん演じるダルちゃんがゲスト出演していました。
パンドラちゃんいつの間にそんなことになっていたの。何でリムジンで送迎されてるの??

 さて、現時点でモンソニ!は4話まで配信中です。
歌ありダンスありで、歌はこだまさおり神とMONACAコンビが手掛けています。すごい良曲!紫苑とダルのユニットを観ていると、これがゆいかおりだったなら…と思わずにいられません。あっ、本渡ちゃんのダルもかわいいよ。

 「アイドルって絆が全てだからね」。作中のセリフが地味に刺さるわ~。
自発的にユニットを組んでファンと相方との絆を大事にしてきた声優アイドルユニットがあったんですよ~。

 そんなこと言ってても仕方ないんだけど。
せっかくの良曲。アニメでちょろっと流れるだけでは勿体ない。CD化され、ライブイベントが開催されると良いですね。

生放送特番『ひなこのーと~ひととせちゃれんじ~』 #3

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 「ひなこのーと~ひととせちゃれんじ~」 #3を観ました。

 最初はスタッフさんが選ぶ名シーン振り返り特集から始まりました。
みなさん愛あるコメントばかりで素晴らしい。特に先日の上映会イベントで司会をされていたまのさんの感想があたたかくて良かったですね。こうしてゆあちゃんの良さをきちんと観ててくれている人もいるんやで。

 唯ちゃんが先輩として富田さんを引っ張っていく姿がリンクして云々というコメントも良かった。
唯ちゃんも進行頑張ってたけど富田さんもまた高校生とは思えないぐらいのしっかりした受け答えをしていて、そのしっかりとした部分に助けられたところもあったと思います。放送事故なくキチッと出来ていましたね。

 コラボカフェなどの告知が終わると、前回の宿題。

 お父さんだと思って声をかけたら桃太郎で、かわいい言い訳をする鬼の子がお題。
唯ちゃんはブルゾンちえみさんのモノマネできましたw
失敗したら火傷しそうなネタだから、ちょっとチャレンジ精神出してきたところがうれしかったです。

 続いては「地獄」の桃太郎公演への道。
お題がまたカオスだったけれど、3回目ともなるとみんな心臓が強くなってきました。特番初出演のまりんげさんがガンガンムチャ振りしていっても普通に対応出来てました。東城さんはちょっと時間切れだったけど…w

 そんなこんなで配役が決定。
唯ちゃんは桃太郎のままでした。良かったね。
特番3回分でも目に見えて成長しているのが分かるので、本番がより楽しみになってきました。
10月のイベント、絶対行くぞ~!



生放送特番『ひなこのーと~ひととせちゃれんじ~』 #2

Category : その他アニメ・マンガ・特撮
 「ひなこのーと~ひととせちゃれんじ~」#2を観ました。
今回はM・A・Oさんがいらっしゃったけど、東城さんは不在。高野さんも何かと被っていて来られなかった様子。もしかして4人になるよう調整されてる?

 まずはTwitterで募集していた作中でかわいいと思うシーンをいくつか紹介。
私が良いなと思っていた真雪がたい焼きを買うシーンで背伸びしているところも紹介されました。このシーンでは実際に背伸びしながらアフレコしたそうで。キャスト陣はそんな唯ちゃんを後ろから見ていて「二度かわいかった♡」とのこと。うらやましいw
 他にも迷子になって小学生のるりちゃんにすがりついたり、にゃんにゃんするシーンと、真雪ちゃん名場面が多数選ばれていました。さすがかわいさの塊。

 さて、続きましてはエチュードの設定を考えていきます。
「犬、猿、キジ以外にもう一匹仲間を連れて行くとしたら?」では、唯ちゃんはもちろん「カワウソ」と回答。
 講師の佐野さんに「カワウソにはどんな衣装を着せたい?」と振られ、「かわいい衣装がいいわ♪」。前回は何故か東城さんが高野さんのパート(「まーかせなさーい」)と言わされていましたが、今回は唯ちゃんがお当番なようですw

 もう一匹連れていきたいのだけど、桃太郎にダメと言われてしまいます。今度はそれは何故なのかを考えます。
ここではM・A・Oさんが「パーティーが4人までだから」と答えていたのは上手いと思いました。唯ちゃんは「住んでいる家が3LDKだから」。もう一匹のお部屋が用意出来ないからダメなんですって。唯ちゃん「パーソナルスペース大事!」とのこと。

 これまでの様々なラジオでの発言:
「どんなに仲良くても一人になりたい時もあるよね」
「電車で近くの人の肘やカバンが触れるだけでも嫌だから立ってる」
 そして今回の「パーソナルスペース大事!」発言。

 他にも何かあった気がするけど、これらの発言からどんなに仲良くなっても、心許せない部分があることが窺えます。

 続いて先週の宿題の発表。
お題は「桃太郎にきびだんごをかわいくおねだり」。

 本来ならば唯ちゃんの十八番であるはずのお題ですが、真雪のようににゃんにゃん♡とおねだりしようとして、噴き出しちゃいました。ん~、ケンタッキーで直ったかのように見えたけどダメでしたか~(^^;)
 この癖が直ればイベントでもっと気の利いたファンサービス出来るようになると思うんですよ。ちょいぶりっ子なぐらいでちょうど良いのよ。何とか笑わず出来るように頑張って!

 M・A・Oさんの謎の外国人キャラは面白かったですねw
胡散臭さが半端なかったけどw 今回全体的にM・A・Oさんのキレが良かった。

 1回目はもう一匹連れて行きたい仲間が「猪」、断られる理由が「パーティーが4人までだから」になりました。どちらもM・A・Oさんの回答。唯ちゃんは猪役に。おいしい役どころでしたが、「いの、しし!」しか喋らず。
最後に桃太郎に「お~い、犬、猿、キジ~、行くぞ~!」って呼ばれた3匹が行ってしまって唯ちゃん猪はボーッと立ってたけど、例えば「待てコラー!!」って猛ダッシュでついていくとか猪っぽいリアクションが欲しかったですね。
関係ないけどそういや唯ちゃんは亥年生まれだね。

 2回目は「きりん」、「コンプラ的に」。
唯ちゃんはお猿さんで、何故かリーダー格。さっきよりはキャラが立っていて良かったけど、これは設定が悪かった。書いた本人(吉田さん)も行ってたけど、コンプラ的にって言われてもちょっと難しいと思います。
 この場合はどうしたら良かったんでしょうね。きりんさんが株をやってるお猿さんに「これ、儲かりますよ」って持ちかければ良かったんでしょうか。そのネタ振りとして株の話を出していたんだとしたら唯ちゃんはなかなかやりますなぁ。

 前回はカオスだったけれど、今回は一応まとまりが出て来ていました。
佐野さんの褒めて伸ばしていくスタイルが良いですね。どんなにカオスでも良いところを見つけて「良かったわよ」って言ってくれるから、キャスト陣も軽いやけどで済んでる。
最終的にはどんな風に仕上がっていくのでしょう。唯ちゃんは桃太郎のままでいられるのでしょうか(>_<)

 次回#3は7月2日 21時から放送です。



まとめプラグインv2

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!