FC2ブログ

無断転載おことわり

※当ブログの記事および画像の無断転載・転用はお断り致します。

いちごつみ de ゆいかおり



※音が出ます!

【クリック】スタート
【← →キー】移動
【Zキー】
左移動時:ゆいちゃんナイフ
右移動時:きゃりさんフォーク

大久保茉美さん『Oboe Music』

Category : リズと青い鳥
大久保茉美CD「Oboe Music」

 12日深夜ぐらいにポチった、「リズと青い鳥」で鎧塚みぞれのオーボエを担当している大久保茉美さんのCD『Oboe Music』がもう届きました。

 CDとは別に直筆メッセージが添えられていました。内容は購入者だけのお楽しみと言うことで。
そしてCDを開くと私の名前とサインが入れられていました。世界で一つだけのサイン入りCDうれしいですね。
よくよく見たら封筒の宛名の字も大久保さんの字だったので、全部心を込めて直筆して下さったと言うことになります。

 名前入りのサインなんて滅多にもらえない、雲の上の人ばかり好きなものだから、ここまで丁寧にされると何だか戸惑ってしまう…w
まだもう少し在庫があるようですが、直筆サイン入りCDは数量限定なので、欲しい方はお早めに。3曲入り・サイン入りCDが送料込みで1,180円!オトク!!買いましょう。
 
 みぞれもプロになったらこんなことするのかな。
手売りとかしてたら「とりあえず20枚ちょうだい」って言うわ。鎧塚プロはサインにネコのイラストを入れてそうです。



収録曲:
1.Splendid Mornig
2.Water Drop
3.思い出した、あの日(ボーナストラック)←CDにのみ収録

 さて、収録曲についてですが、やさしく朝日が差し込んできてお部屋をあたためてくれるような『Splendid Mornig』。ポチャンポチャンと雫が落ちる音がかわいらしい『Water Drop』。哀愁ただよう『思い出した、あの日』。

 オーボエがそれぞれ曲に合わせた音色になってるのがすごい。
本当に表情豊かな楽器なんですね。私は水滴を意識しているからか、一番透き通った音をしている『Water Drop』がお気に入りです。

 CDの前にハイレゾ版を買っていまして、早速目覚ましにしております。
これまで艦これのボス戦のBGMでビクッとしながら起きていたのですが、オーボエの音色で起こされるとすごく穏やかな気持ちで目覚めることが出来ました。
作業用BGMにもピッタリなので是非買いましょう。オススメですよ。

吹奏楽ラジオ「Bravo Brass ~ブラバンピープル集まれ!オザワ部長のLet's吹奏楽部~」

Category : リズと青い鳥
 昨日放送の吹奏楽ラジオ「Bravo Brass ~ブラバンピープル集まれ!オザワ部長のLet's吹奏楽部~」にリズと青い鳥で鎧塚みぞれのオーボエを担当していた大久保茉美さんが出演されていて、色々興味深い話が聞けたので覚え書き。
控え間違えていたらすみません。

 大久保さんが出演する前に色んな高校の吹奏楽部による演奏が流れていたのだけど、え、高校生でこんなに上手いの…!?
金賞とるような学校って本当にユーフォニアムで流れているみたいな綺麗な演奏をするんですね。正直ここまで上手い高校ってないんじゃないの…?って思っていたからビックリしました。

 23時台に大久保さん出演。
その時にリズのあらすじが読まれて「友情」でも「愛情」でもない感情に揺れるみたいなことを言っていてグハッとなりました。

★大久保さんが吹奏楽を始めたきっかけは?

 3歳の時から和太鼓、ピアノを習っていた。
 小学校の時、いつも昇降口の近くで吹奏楽部が練習していた。50人編成の吹奏楽部で、オーディションに受からなければ入部すらできない。小1のときからそんな吹奏楽部に憧れを持っており、絶対5年生から入るぞ!と決めていた。
 そして入部してフルートを始めた(この時はダブルリードの楽器がなかった)。

 中学でもフルートとピッコロを担当。
 コンクールは中学では地区大会止まりだったが、高校では東北大会まで行けた。
 NHK連続テレビ小説「あすか」のOP『風笛』の音色が好きだけど、何の楽器なのか分からなかった。
 でも高校で入部する際、試奏してオーボエを吹いたとき「この音だったんだ!」となり、オーボエと巡り合えた。

★どうして音大に行こうと思ったの?

 進路希望を出すときに私は何でやっていけるかなと考えたところ、音楽しかない。じゃあオーボエで頑張ってみようと思った。
 受験をするには個人レッスンが必要。盛岡から仙台まで新幹線や高速バスで通ってレッスンをつけてもらっていた。
 そして洗足学園音楽大学に進学する。

★どうしてプロになろうと思ったの?

 最初は音楽の先生になろうと思って音大に入った。
 その時にはプロになりたいとは明確には思っていなかった。
 だけど3年になってから「人に教えたい」という気持ちから「人に届けたい」という気持ちに変化していった。
 だから芸大の別科に進学し、演奏活動するようになっていった。

★オーボエの魅力って何?

 独特な音色でひとりひとり全く違う個性が出せる。
 そこが「歌う楽器」と呼ばれる所以。
 (肺活量が必要とされるフルートからそこまで息は要らないオーボエにコンバートして)息が余ってしょうがなかった。

★最近ソロで出した楽曲について

 何かを演奏するときには作曲家や時代背景などについて調べてから演奏するが、ソロでは自分のオリジナルの表現が必要となり、同じフレーズが何度も出てくるので飽きの来ないよう変化を付けるのが難しかった。

★「リズと青い鳥」に出演することになった流れ

 洗足学園音楽大学からオファーが来た。
 洗足学園音楽大学フレッシュマンウインドアンサンブルは元々「響け!ユーフォニアム」の楽曲を担当している。
 リズのソロが途轍もないソロだと言うことで卒業生何人かに声が掛かった。

★「リズと青い鳥」の楽譜を見てどうだった?

 すごく旋律が多くて素敵なメロディーだなと思った。
 「solo」って書かれてるけど、どこまでソロなの?分かんないなと思いながら練習していた。
 ところがレコーディングに行ってみたら第三楽章は6分ぐらいあるうち、全部ソロと言っても良いぐらいオーボエパートがあった。
 音源がなかったので、合奏してみて初めて知った。
 こんなにソロ!?と驚きました。

★みぞれの演奏をするにあたって意識したことは?

 レコーディング前に山田監督からストーリーやみぞれの性格、心情を説明され、それに寄り添った音を出せるように心がけた。
 音で演技をするのは初めてで、「窮屈そうに」吹いたり、「無表情に」演奏するのは難しかった。
 自分で吹く時には何らかの思いなどを意識しているので。
 みぞれの中でも色んな葛藤はあったんでしょうけど。
 「あんまり希美と演奏したくない」とか。
 普段ない気持ちでの演奏だったので難しかった。

★レコーディングでビックリしたこと

 第一楽章から順に録っていくのだと思っていたら、初日の最初のレコーディングがいきなり第三楽章でビックリした。
 いきなり山場まで気持ちを持っていくのが難しかった。

★生徒が演奏を聴いて泣き出すシーンがあったけどプレッシャーじゃなかった?

 その表現をするのをプレッシャーだった。
 監督に「怪物的化け物じみた巧さを発揮する鎧塚みぞれ」だとメールを頂いて、大変だ~!!ってなった。
 
★完成した映画を観てみてどうだった?

 音と音楽を大切に作っている作品だなと感じた。
 劇場で最大のパフォーマンスを発揮するように作られた作品だと聞いているので是非劇場で観てもらいたい。
 音と絵がとてもリンクしていて、そっと入り込むような印象。
 観終わってからは何とも言えない、ほわんとやさしい気持ちになれた映画。

★「リズと青い鳥」第三楽章冒頭 生演奏

 1月にレコーディングして以来、久しぶりに吹いたが、やっぱりすごくいいメロディー。
 繊細でみぞれの気持ちを表している旋律だと思う。


 50人編成の吹奏楽部がある小学校に通っていたとか、仙台までレッスンに通っていたとか、やっぱり大久保さんもみぞれみたく裕福なご家庭なんでしょうか…。

 「オーボエは息が余ってしょうがない」では百合界隈の誰もがのぞみぞキッスを思い浮かべたと思いますw
肺活量が必要なフルートをしていて、好物が山芋・オクラ・納豆な希美がどんなキッスをするのか考えただけでもヤバい。

 「オーボエはひとりひとり全く違う個性が出せる」。
みぞれの場合は希美への一途な思い。だったけど、覚醒後はそれだけじゃない気持ちも一気に爆発しちゃった感じですね。

 第三楽章について現役オーボエ奏者の方が「こんなの普通はアシスタントが必要なのに梨々花を切ってみぞれに吹かせる滝先生マジ鬼畜」とツイートしてるのを見かけました。大久保さんもやっぱり大変だったんですね。

 第三楽章の生演奏が聴けたのはうれしかったですね。口笛でフルートパートを吹いて重ねていました。
こうやって単体で演奏してくれると分かりやすいな。楽譜と共にそのパートだけの音源を売ってくれないかしら。そしたら楽譜が読めなくてもイメージで演奏できるのに。

 以前ガキパラに出演された際、大久保さんへの質問メールを出したのですが、何故かはね返ってきていました。唯ちゃんが出てたとき送ったのは普通に届いてたのに何でだろ。
そのメールに書いていたこと(みぞれの演技について)が語られていて、供養された気分。

 「窮屈そうに」吹いてとディレクションがあったという話は前も話していたけれど、「あんまり希美と演奏したくない」と思うみぞれは興味深いですね。
きっとまだ自分がリズだと思っていた頃、リズの気持ちが分からず悩んでいたところに、希美が音大勧めてもらえなかったことで勝手に落ち込んで余計噛み合わなくなってツラかったんでしょうね。
台本にも演奏に関して何か書かれているのかな。気になる。

 良いお話が聞けたお礼に大久保さんとカラフルのCDをポチりました。ハイレゾの方も買ったんですけど澄んだ音色が印象的な素敵な楽曲ですよ。作業用BGMに良い。またオーボエソロだけのフルアルバムを出してもらいたいです。


★告知

 Blu-ray情報と大久保さんの新譜情報。
大久保さん新譜については下に貼り付けてあるツイートを見て下さい。



<参考記事>
「楽器楽園~ガキパラ~ for all music-lovers -」



甲子園

Category : 雑記
 今日は甲子園 白山高校×愛知工業大学名電高校の試合を観戦していました。

 母校ではないのですが、個人的に縁のある白山高校を応援していました。
結果は残念ながら0-10で負けてしまいましたが、内容的には文句のつけようがなかったです。

 名電の打線に火がついてもバカスカやられないで精一杯食い止めていたし、10点も差がついてきたら集中力が切れてきそうなものですが、最後まで際どいコースの球をしっかり見極めてヒットを狙っていました。

 1点さえ獲れれば勢いづいてどんどん打てたんじゃないかと思いますが、名電のピッチャーのコントロールと守備が冷静で手堅くてなかなか打たせてもらえませんでした。
 これが全国に行ったことのあるチームと初出場のチームの差なのかなって思いました。

 試合終了後にはスタンディングオベーションになり、白山高校にもあたたかな拍手が送られていて、ちょっと涙ぐんじゃいましたね。
まだまだ強くなれるチームだと思うので、今日得たものを次へと繋げていってほしい。
三重県代表として立派な試合内容でした。お疲れさまでした。

どうなってますの

Category : 声優関連
 先日いのりまちからグリーティングカードが届いて思い出したこと。


 まだ会報が1回も届いてないなぁって。
いのりちゃんとこはこの間2号が届いたんですよ。ゆいゆい*カンパニーも順調に行っていれば同じぐらい発行されていてもおかしくないんじゃないの。

 グリーティングカードも余所のFCを参考にさせてもらうと、夏もあるとすればもうとっくに届いていないとおかしい頃。まぁ時期が明記されていないので、もしかしたらクリスマスか年賀状のことを指しているのかも知れませんが。

 FC入会特典として、

1.社員証・会報誌の発行
2.社員限定イベント・グッズ
3.イベントやライブの最速チケット先行
4.社員専用サイトの閲覧
5.グリーティングカード
6.バースデーメール
7.プレゼント企画
8.限定メルマガ

があると記載されています。

 それが現状ではこんな感じ。

1.社員証・会報誌の発行

 会報来ず。

2.社員限定イベント・グッズ

 MV撮影エキストラ募集があったけど、これはFCイベントではないですね。
 またFC限定グッズはまだありません。

3.イベントやライブの最速チケット先行

 唯涼祭ですらFC先行なし。ライブはPA追加公演のみ。チケットは写真入りとかではなくただのコンビニで発券するやつ。

4.社員専用サイトの閲覧

 更新頻度が異様に低い。ライブやイベント後のオフショットをこまめに載せてほしい。

5.グリーティングカード

 まだ来ず。夏かクリスマスを交互にするパターンか?

6.バースデーメール

 これは問題なく届いているらしい。

7.プレゼント企画

 まだなし。会報か会報のおたより募集フォームでもないと企画自体できないのではないか?

8.限定メルマガ

 LINE LIVE配信の案内とかが来たり来なかったり。
 FC限定の内容ではない。
 LINEやTwitterの方がこまめに届く。

 これまでお奈々さん、May'nちゃん、ゆかりさん、スタパ、いのりちゃん、唯ちゃん、幸奏ちゃんのFCに入ってきた私ですが、まさかYYCがスタパ以下のFCになるとは思いませんでしたわ。
この内容で初年度5,400円とかウソやろ…って感じ。会報だけでも何とかなりませんの?

 こんなの唯ちゃんのFCじゃなかったら更新しないところですよ。
せっかくFCが出来てこれからだと思っていたのに、唯ちゃんの足を引っ張ることしかしていません。

 FCって、もっとみんなで応援していくぞっ!!という気持ちにさせられるようなものであるべきだと思うんですよ。
そのためにはやはりまずは会報がないと。

 私は生まれて初めて入ったFCがお奈々さんのFCでした。
10年近く入っていて、特に楽しみにしているのは年4回送られてくる会報「ななマガ」と更新特典のちょもグッズ。

 「ななマガ」にはたくさんの撮り下ろしカットや作詞家やアーティストなどとの座談会、FC会員だけが見られる企画。
ファンからのアツいメッセージ、イラストや小物などを作るのが得意なオタクからの画像や写真などが載っており、そのどれもに熱がこもっていて、それらに感化され自分でもおたよりを出すようになり、初めて載ったときのうれし恥ずかしな気持ちを思い出すと、今でもくすぐったい気持ちになります。

 初めて入ったのがYYCという人たちは、まだそういうことを味わえていないんだと思うと気の毒ですね。すごく楽しく幸せなことなんですよ。

 私は会報はファンを同じ方向に向かせる役割も果たしているんじゃないかと思っています。
それぞれ個性や愛の形は違えど、唯ちゃんを応援したい気持ちは一緒みたいな。おたよりを出していくうちにファン同士、絆が芽生えてきて、その気持ちがより強固になっているところもあります。

 YYCの結束を固めるためにも会報を出しましょう。

ハグの日

Category : リズと青い鳥
 今日はハグの日だそうです。
HUGプリも良いですが、やっぱりハグと言えば大好きのハグ。そう、リズと青い鳥です。

 何ぞ書ければ良かったのですが、残念ながら文才も画力もないので代わりに大好きなリズSSを紹介したいと思います。


「わたしの大好きな・・・」/「こんにゃくぜりぃ」さん

 原作をしっかり読み込まれてから丁寧に描かれる方です。
 これとは別の、みぞれが病気で亡くなってしまうお話も切なくて好きです。
 私ものぞみぞSSを書きたいのですが、希美が難しくていつも私の中のみぞれが「希美はそんなこと言わない」と言ってきます。
 良いSSを書かれる方は希美の描き方が上手ですね。

「愚痴と甘えと愛情の三重奏」/「弓袴女々」さん

 みぞれに依存している希美のお話。
 何年か後の希美はこれぐらい骨抜きにされていて欲しいです。

「愛を語る彼女はレモンと唐揚げ」/「どらい」さん
「だけども、しかしそれは愛」/「どらい」さん


 個人的にプラトニックなのぞみぞを書かせたら№1じゃないかと思っている方です。
 付き合うまでのお話とか、初めての〇〇話が大好きなので、この2作はドストライクです。

「はじめての」/「こらも」さん

 キスに夢中になるのぞみぞのお話。
 みぞれの描写がかわいすぎてこちらまでドキドキしちゃいますね。

「Tarantella」/「Kokoro」さん
「Dies irae」/「Kokoro」さん


 大学生になってから会わなくなったのぞみぞが再会するお話をみぞれ・希美視点から描いた作品。
 1作品でも書くのが大変なのに、歯車ががっちり噛み合っている2作品を書けるのがすごい。大作ですよ。

芥川ててとさんのシリーズ「ピリカ(ユーフォ)」

 映画にしたくなるようなおシャンティーな描写が素敵なシリーズです。
 特に2作目「失恋、熱、追いつく朝日」の初体験後のちりちり胸を焦がすような心理描写と3作目「願い、覚悟、朝日の中の君」の最後の方が美しくて何度も読んでしまいます。

「『はじらいフルート』」/「え〜もん」さん

 のぞみぞR-18作品では一番好きな作品です。
 R-18ものはキャラ崩壊しがちなのだけど、こちらはキャラや作品の設定を崩さず、前戯の一つ一つを丁寧に描かれています。
 前戯だけでこれだけ書けるの何事!?って感じだし、文章や台詞回しのリズム感が良いし、比喩表現の巧みさにもシビれます。
 こんな表現よく思いつくなー!!と感心しきりで読んだ作品です。
 すべてにおいてパーフェクトです。イチオシです。

「おしおき」/「york」さん

 R-18。希美は一度「おしおき」されると結構従順になりそうです。
 素直になって。

「青い鳥のさえずり」/「パイセン」さん

 R-18。無機物にも嫉妬する希美のお話。防音室はこういうとき便利。

「のぞみぞさん」/「○63」さん

 R-18。希美が結婚することになった世界線のお話。
 男と引っ付くとか、すれ違い、死別なんかは本来あまり好きではないのですが、のぞみぞに関してはそんな未来もあるのかも知れない…と思えてきます。原作が結構リアルなせいもあるのかな。

「miniascape sunset」/「ささき」さん
「はつこいレミニセンス」/「まーてぃん」さん
「たまごラブストーリー【響け!ユーフォニアム 短篇】」/「crispy」さん


 みぞりりを楽しみたい方はこの3作品がオススメです。
 「はつこいレミニセンス」を特にオススメしたいですね。私も梨々花ちゃんみたいな後輩が欲しかったな~。
 crispyさんは剣崎梨々花ちゃんbotの中の人なのだそうで。
 毎日おしゃれな写真を上げたりユニークなツイートをしたりしていて、密かに楽しみにしているのですが、SSまで書かれていたとは多才なんですね。

ぽさん

 なかよし川ファンはこの方の作品を読んでおけば間違いないです。
 全部オススメです。
 この方、タグを「なかよし川」しか付けていないところが一途で潔くて好きです。

「Angel's Ladder」/「takowasa」さん

 なかよし川。
 この完成度で初めて書いたSSだそうで、まじかー!ってなりました。
 他にもぽつぽつと「リズと青い鳥」を膝に受けて初めてSS書きましたーって方を見かけました。
 みんなリズを観て創作意欲を刺激されて、この方みたいな隠れた才能をどんどん見せていって!!

「遊びに行こう!」/「水原 渉」さん

 みぞれが久美子とデートするお話。
 原作とアニメだけでいくとぶっちゃけのぞみぞよりも好きなコンビだったりします。
 みぞれは久美子のこと大好きですよね。
 この方が描かれる久美子は愛すべきバカって感じで好きです。褒めてます。
 くみれいがラブホに行く話やみぞれが希美と路地裏でアレなことしたり、裸見たさにデートの計画を立てる話なんかも面白かったです。

 他にもたっくさん好きな作品があるのですが、特に好きなものだけ挙げさせて頂きました。
「リズと青い鳥」は良いぞ!来月キネマ旬報シアターと川崎チネチッタで追加上映されるようなので、関東圏でまだ観られてない方は是非!徳島でもやりますよ~。

かわえ かわえ…

Category : 声優関連


 何なのこの小学生~~~っ。マジで子役時代から顔変わってないんだが~!?

 唯ちゃんぐらい髪が長いと乾かすのどれぐらいかかるのだろう。
そりゃ面倒だよね~。乾かしてあげたいなぁ。もし何かの間違いで唯ちゃんの髪を乾かす権利が手に入ったら美容師専門学校通うところから始めるわ。

雑記 2018年8月7日

Category : 声優関連
 唯涼祭、無事に外れた模様。
どのみち当たっていたとしても行けなかったので少しホッとしています。

 唯ちゃん、お誕生日当日にお祝い出来なくて申し訳ない。
今回のイベントに関して唯ちゃんは「お盆とかで忙しい人が多いと思うから、来たい人だけ来てもらえたら」と何度も言ってるけど、本当は来て欲しいのか、来て欲しくないのかどちらなんだろう。
唯涼祭に対してどう思っているのだろう。

 上半期、アニメ系イベントはそこそこ参加出来ているけど、唯ちゃんソロ関連はほとんどご縁がなくて、この際もっと積み・イベ減して浮いた金で旅行にでも行こうかなという気がしてきました。
アニサマも観たい人が唯ちゃんしかいなくて怠くなってきたので、当日の気分で行くかどうか決めます。

石原おたおめ

Category : ラジオ関連
 今日は石原の25歳のお誕生日です。おめでとうございます。
よく唯ちゃんが「私が○○歳ならきゃりさんはいくつだ?□□歳!?」みたいな話をしていましたが、もうその歳になってきているだなんて。早いものですね~。

 今回は今年のゆいかおりBDプレゼントネタが飛び出すやもと、久々に「石原夏織のCarry up!?」を聴いておりました。

 デンマークでは25歳までに結婚しないとシナモンまみれにされると言われた石原。「最近は25歳になっても易々と結婚しないんだよ~」。

 黙っていると・写真だと大人だねと言われる石原。
私の知り合いは「写真でもお仕事モードの時は良いけど、個性を出してきた途端にポンコツになるね」と言っておりました(^^;)
 個人的には中三ぐらいの石原の顔が一番儚げで好きなんですけど、その写真を見てファンになっていたら実際会ったとき「あれっ、何か違う」と思っていたのだろうなw

 さて、今回はお誕生日回ということで、大人ならクリア出来るはずな3つのゲームに挑戦。
クリア出来たらお誕生日プレゼントがもらえます。

★ご祝儀袋

 ご祝儀袋のマナーを問うクイズ。
まだ一度も結婚式に出席したことのない石原はお金を入れる向き・金額の書き方・水引の方向全部ダメでした。

 これは仕方のない部分もあるが、アンタお嬢様学校みたいな高校に行ってなかったか?(^^;)
テーブルマナーの授業があったみたいなことを言っていた気がするんだけど。こういうマナーについては習わなかったのかなぁ。
秘書検のお勉強してたら分かるんだけどね。
これから腐るほど書くことになると思うから、きちんと覚えておきなさいね。

★利きワイン

 高級ワインとお手頃ワインを飲んで、どちらが高級ワインかを当てるクイズ。
これは正解でした。ワインを口にしたときの反応が完全におっさん。酔っ払い。

 お酒は時々飲んでいるようですね。
あさちゃんとか強い子たちと飲みに行ってるのかな。

★お悩み相談

 スタッフのお悩みを解決。無事にクリア。

 3問中2問クリアし、誕生日プレゼントゲット。
プレゼントはデメルの高級チョコレートケーキ。相変わらずチョコが好きなのね。大好きなチョコケーキが食べられてご満悦な石原。良かったね。
デメルと聞くと実デジを思い出すわね…w

 お互い忙しそうだけど、今年もプレゼント贈り合ってたら良いなぁ。

 余談ですが、先日のリリイベで女子から「彼氏が構ってくれなくて寂しい」と言うお怒りの相談に対し、「構ってくれないことに怒るよりも素直に寂しいと伝えた方が男心的にも良いんじゃないの?」と答えたそうですね。
も~、何でそこでイケメン出してくるかな~。彼氏目線じゃねぇか。
小倉唯さんは寂しいときにはハッキリ寂しいと伝えるようにしてね。それだけです。

「リズと青い鳥」10・11回目

Category : リズと青い鳥
 昨日今日でリズの見納めをしてきました。



 昨日もほぼ満席でしたが、今日は休日ではラストの日なこともあり、固定席満席で通路や最前に追加席・立ち見まで出ていて、尚且つ立ち見すらも断られている方がいらっしゃいました。

 さて、今日も観に行って良かったです。
みぞ健気…かわいい…傘木ィィィィィ!!!など様々な感情が湧き上がってきました。第三楽章のあの希美に向けられた一途で熱のこもった視線、精一杯の愛の告白、思いをぶつけ合った後の朝練に向かうみぞれのシャンとした背中だとか、何度観てもクるものがあります。

 同じ映画を2桁も観に行くのは初めてです。なのはですら最高7回。
それも全て県外まで出向いて観ました。そこまでする価値のある映画でした。

 何がそこまで私を駆り立てたのかというと、似たような実体験があるからかな。
高校の時、同じ部活にめっちゃ私好みの顔した子がいて、一緒に遊んだり朝練したりお互いのバイト先に行き来したりなどしていました。クラスは違ったけど、よく遊びにきてくれました。

 私は好みの女性に対してはすごくシャイでして、目が合うだけでもドキドキしてきてすぐ赤面していました。
それを面白がられて廊下ですれ違うときなんかにウィンクしてくるんです。もう死ぬかと思った。
そういうのがあったから、みぞれが希美の顔だったり、何気ない仕草だったり、些細なことでドキドキする気持ちは分かります。

 あ、一応言っておきますが恋愛感情ではないです。
顔が好きだったの。その子、唯ちゃんとそっくりだから、当時から私のタイプはブレていませんw

 お互い一番の親友ではなかったし、他にもたくさん友達はいましたが、リズを観た後で最初に思い浮かんだのはその子でした。
それと同時に朝練の風景や、自転車二人乗り(ダメ絶対)したことや、合宿での寝顔などなどが一気に蘇ってきて、ああ、何気ないことが青春だったんだなぁ…って、何とも言えない甘酸っぱい気持ちになりました。

 そんな懐かしくて、大切だった感情たちを思い出させてくれた、素敵な映画でした。ありがとう。
円盤が出てからも何度も何度も観たいです。

加賀さんとケッコンカッコカリ4周年

Category : 艦隊これくしょん~艦これ~
 1日早いですが、8月5日で加賀さんとケッコンカッコカリして4周年になります。
私が艦これを始めてからもう名前を覚えきれないほどたくさんの艦娘が出て来ましたが、今も変わらず加賀さんがナンバーワンでオンリーワンです。本当ですよ!?

20180805_17105176.png

 最近はリズのことしか考えられない病に罹っていて手付かずな状態でしたが、それも明日で一段落するので、そろそろちゃんとやりますね。月末イベントだし。

 そういえば横須賀鎮守府に転属願いを出していたのが通っていました。
何か加賀さん=横須賀鎮守府なイメージだったんだけど、艤装が横須賀で母港は佐世保だったんですね。転属してから気づいて「んん…」ってなりました(^^;)

 ん~、でも佐世保っぽくないのでやっぱり横鎮で良いや。横鎮のみなさま、お手柔らかにお願いします。

まとめプラグインv2

07 | 2018/08 [GO]| 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

検索ぷらす

タグリスト

( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ! ( ・・)ノ ---=== 卍 シュッ!